春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
階段方式で何とか積めるサイズを超えた原木は、現場でやっつけるしかない。斧やクサビを持って行って、現場で積み込み可能なサイズに割って、無理なく持ち上げられるサイズに軽くする作戦だ。あまり重い玉を無理して持ち上げて腰を痛めてしまうより、現場で割る作戦に切り替える方が無難だ。

resize5462.jpg
現場で玉切りした後の様子

resize5463.jpg
直径が50センチ近くなると30センチの高さで玉切りしても、持ち上がらない・・・・

こういうふうに玉を移動する時に、一番気をつけなければならないポイントは指を挟まないことだ。十分に気をつけよう。

resize5461.jpg
転がして、足場の良い広いところに持ってきて、地べたに置いて、現場で割ってしまう

どうせ持ち帰ってから薪割りするわけだから、現場で割って帰ったら薪棚に入れるだけという状態にしてしまう。トータルでの所要時間はあまり変らない。この方法ならば、巨大な玉でも、腰に負担をかけずに無理なく楽勝で車に積み込むことができる。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/990-b69901ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック