春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
薪を焚くこと、ペレットストーブなど地域で産出されるバイオマス燃料を使うことによって、石油や電気を使う量が少なくなる。このことで、石油代として海外に支払って戻ってこないことになるお金が、国内で循環して景気回復の役に立つ。チェーンソーを使って自分で木を切る人はそれで良いし、薪やペレットストーブを購入する人がいれば、それはそれで林業で働く人の給料になるわけで、地域経済の活性化になるわけだ。

それぞれの家庭によって高い安いはあるけれども、エネルギーの代金として、仮に月の1万円の電気代、1万円の灯油(ガス)代だとしたら、年間20万円近く払っているわけだ。全部なくして原始時代に戻るということではなく、無理なくできる範囲で、実行する人が増えれば、その分の経済効果は大きくなる。

このことは薪ストーブをやっている人は既に実践していることなので、あまり目新しいことはないのだけれども、ちょっと毒舌で、軽妙な語り口で2時間の講演時間は飽きることなく、あっという間に過ぎていった。

resize5356.jpg

resize5357.jpg
パワーポイントとプロジェクターを操作しながら、解りやすく進行していった


里山資本主義  日本経済は「安心の原理」で動く (角川oneテーマ21)里山資本主義 日本経済は「安心の原理」で動く (角川oneテーマ21)
(2013/07/10)
藻谷 浩介、NHK広島取材班 他

商品詳細を見る


実際に良いことずくめの『里山資本主義』だけど、それぞれの立場によって、できること、できないことがあり、色々と考えさせられる面もある。まだ読んでいない人は、一度読んでみることをお勧めする。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
地方創成なんて言ってますが・・。お上に頼っていてはダメ。政治の責任ばかり批判していてもダメ。地方に住んでいると、自分たちが生きていける経済圏を自ら作らなくては行けない、との結論に達しています。その意味この本はその裏打ちをくれました。当方の仕事はまさに地域での仕事作りです。
2015/03/15(日) 11:32:16 | URL | kouda #-[ 編集]
koudaさま:

おっしゃる通りで、とにかく自らできることをやっていくしかないですよね。
2015/03/15(日) 13:55:36 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
里山資本主義
有益な情報をありがとうございます。”マネー資本主義”の欠陥を補うザブシステムとありますが、まさに、現代社会の欠陥を補う一つの価値観ですね。これが現代の産業をすべて否定する物でもないし、補い合う物と思います。それぞれの立場で持続可能な社会を目指したいです。
2015/03/17(火) 21:36:26 | URL | ひろゆき(ひたちなか市) #-[ 編集]
私も当町にいらした藻谷さんの講演を聴きました、喝をいれてもらいました。
2015/03/17(火) 21:51:11 | URL | トマト #-[ 編集]
ひろゆき(ひたちなか市) さま:

まさにその通りです。その考え方が大事だと思います。
2015/03/17(火) 22:26:32 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
トマトさま:

本だけでは味えない迫力がありますよね。
2015/03/17(火) 22:27:11 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/978-cb286b90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック