春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
炉内にやっと入るサイズのMEGA薪は大量の熾き火があって超高温になっている炉内状況でないと、きちんと燃やすのは難しい。なかなかそういう状況は少ないので、あまり量産しない方が望ましい。

でも、選り好みしない薪集めをしていると、どうしても割れない切り株みたいのも出てくる。そんなものは3-5年くらい乾燥させれば、何とか燃やせるようになる。

今回はユニークな形状で燃やすのがとても楽しみだったものが出てきた。MEGA薪なのに、単独でも良く燃えてくれるという例外中の例外の特殊な形状だ。

resize5224.jpg
穴の開いたエルボのような切り株のMEGA薪

resize5223.jpg
この穴の中に炎を噴射させてロケットストーブのように燃やしたい

resize5225.jpg
慎重に向きを検討して投入

resize5226.jpg
狙い通り、横からも炎が噴出してきた

resize5222.jpg
とても良く燃えるMEGA薪

自分で薪作りしていると、こういう規格外のユニークで面白い形状の薪を焚くこともできる。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
まさにポジティブシンキングですね。
薪割り現場で出会った日には、この世の終わりを感じてしまいます。
(>_<)
2015/02/20(金) 08:34:25 | URL | かなパパ #mQop/nM.[ 編集]
かなパパさま:

せっかくの出会いと縁なので、なるべくなら、生かしてあげたいです。
2015/02/20(金) 11:51:12 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/955-17b1de16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック