春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
非常にレアで珍しい薪ストーブに触れる機会に恵まれた。

「別荘を買ったら、薪ストーブが家に既についていた」というパターンで、使用前の安全点検や使えるかどうか、そして使える場合の暖房能力の評価のためのコンサルだ。

これは正しい判断で、他の案件で「家を買ったら薪ストーブがついていて、点検しないで使ったら、いきなり煙道火災になった」というケースを見たばかりだ。


それに薪ストーブの使い方を知らない素人がチョロ焚きしても、本来の薪ストーブの能力を発揮させることができずに、過少評価してしまうことになるだろう。

スキャンの薪ストーブでガラスがないタイプ。シンプルなデザインの鋼鈑製だ。炎を見て楽しむというわけにはいかない。純粋な暖房器具としての質実剛健なデザインが特徴の薪ストーブだ。

別荘で使用頻度が少なかったためもあるだろうけど、こんなに古いストーブが残っているなんて、びっくりだ。シンプルかつ壊れ難いという鋼鈑製の特徴を垣間見た気がした。

resize5188.jpg
背面の壁一面が炉壁?(要確認)

設計士が入った別荘なので、きちんと背面の壁内がケイカル&鉄骨の不燃構造になっていれば問題ないが、もしそうでなく普通に木の間柱や石膏ボードの場合には対策が必要だ。近いうちにこの家の設計士さんと会って確認できるそうなので、これについては忘れないでチェックしてもらうようにした。

もし普通の内装壁の場合には、空気層を確保した上で、炉壁作成が必須とアドバイスした。後日床をカーペットからフローリングにリフォームして炉台も拡張するそうなので、その際に炉壁も同時に施工するのがお勧めだ。

resize5192.jpg
ちょっと炉台がが狭い

resize5189.jpg
扉のハンドル

resize5190.jpg
空気調整のダイアル

resize5191.jpg
扉は左右にスライドしての開閉式

この後、煙突の内部を確認して、必要に応じて煙突掃除をしてから、実際に焚いて、様子をチェックしてみることにする。

果たして、この薪ストーブは使えるのだろうか?それとも入れ替えとなってしまうのだろうか?

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
最近、窓なしのストーブに興味津々です。
( ̄▽ ̄)

これ、扉が二重になっていて、取手が熱くならないようになってるんですかね?
その気づかい設計が素敵ですね。
2015/02/12(木) 18:26:29 | URL | かなパパ #mQop/nM.[ 編集]
かなパパさま:

扉が二重になっているところ、良く気づきましたね。ヒートシールドで熱が強烈に外に伝わってこないようにガードされています。
2015/02/12(木) 18:46:20 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/946-9f8b1c0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック