春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
ハンターは比較的ガラスが煤け難い構造となっている。ガラス上部からのエアカーテンが強力に働いているからだ。

単純な構造で故障の心配もなさそうなところも安心して使える。

resize5109.jpg
上部のスライドレバーを左右に動かすことによってエアカーテンの量を調整する

resize5107.jpg
レバーは内部の弁に繋がっていて、弁も連動して左右に動くだけの単純な構造

resize5108.jpg
上部の弁が動くと、スリットの面積が変化して空気量が変化する合理的な設計

エアカーテンの設計や、ガラスの煤け難さは、ドブレ700SLと非常に似ていると思う。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
シンプルですね!
気になるのが、機種によってはエアーカーテンもプレヒートするのがありますよね。
ネスターもプレヒートしてますよね。

個人的には吹き下ろした時点で加熱されるので要らないと思ってるのですが、どうなんでしょうね?
最終的にはトータルのバランスなんでしょうけど。
2015/01/28(水) 08:24:35 | URL | かなパパ #mQop/nM.[ 編集]
かなパパさま:

プレヒートしたからといって煤け難いわけではないです。ネスターは煤けやすいですね。
2015/01/28(水) 08:35:40 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/931-3baf78c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック