春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
先日、愛知へ煙突掃除のために緊急出動すると告知した。あまりに突然だったので、今回は手を上げてくれる人はいないかと思っていたが、偶然今回の煙突掃除の訪問先の近くの人からレクチャー依頼があった。

煙突掃除の後に現地に一泊して、翌日、午前中いっぱいかけてレクチャーを行った。

新築の家にビンテージを導入したそうだ。黒い塗装の木の外壁のユニークな家で、内部は漆喰塗りの素敵なお家だった。

resize4989.jpg
施主さん自らキシラデコールで塗装したそうだ

resize4969.jpg
山の中に工房と住宅を隣接して建築した薪ストーブをやるのに最高の環境



resize4968.jpg
煙突掃除はバルコニーから安全かつラクにできる合理的な設計

resize4971.jpg
普段は下から着火方式で使っているということだったので、今回は上から着火方式を披露した

resize4970.jpg
ガンガン焚いて温度を上げていく。室内の柱に天然木を皮付きのまま使っているところが斬新だ

resize4972.jpg
温度を上げて二次燃焼の状態になったところ

空気と温度管理の調整のコツ、薪の追加投入の方法、メンテナンスのやり方など一通り、時間をかけて丁寧にレクチャーしてきた。これまで疑問に思っていたことが解消されて、ご満足いただけたようだった。

私も他店で施工した(驚きの)実例を詳細に見ることができるので、勉強になる。



ブログ村ランキング:オリジナルバナー









スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
ヴィンテージ50の天板は何度まで上げてもいいのでしょうか?

新品の場合最初の何回かは高温を避けた方がいいですか?

2015/01/10(土) 09:10:44 | URL | ノリ #-[ 編集]
ノリさま:

天板の、どの部分で計測するかによって、全然温度が違います。

詳細は後日、記事にします。

私は初回から温度を上げても問題ないと思っています。

2015/01/10(土) 12:30:26 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
期待しております
2015/01/10(土) 12:41:59 | URL | ノリ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/912-b5d64edb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック