春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
「ネスターマーチンが今すぐ欲しい」というお客様がいらっしゃった。しかし、現在この商品の国内在庫はないので、すぐに入手できないのだ。

ネスターマーチンのベルギーの工場で事故があって、ベルギーで生産できなくなってしまって、スペインに移転することになったのだ。そのためバタバタしていて出荷が滞っていたらしい。輸入元の京阪エンジニアリングに納期を確認すると、スペインからの船便の関係で翌年1月頃になるということだった。(今後のネスターマーチンはベルギー製ではなくスペイン製になる)

かわはら薪ストーブ本舗のデモ機としてい使っていたネスターマーチンのS33を現品、現状渡しでも良ければ格安販売するということをお客様に提案して、即決いただいた。

resize4733.jpg
ネスターマーチンとお別れ

resize4735.jpg
ネスターマーチンを外したら、プロトタイプのロケットストーブを接続したいが、ここには25日に別の薪ストーブが接続予定のため、短い期間のために配管をつなぎかえるのが面倒なので、とりあえずドブレ700SLでしのぐ。

薪ストーブを買ったら、お正月を薪ストーブで過ごしたいというのが普通だろう。お客様にも「早く」と言われたが、年末年始は、薪の配達や工事が立て込んでいて、すぐに動ける日程を確保するのがなかなか難しい。特に今回はチムニー(煙突囲い)作成が必須の案件なのでなおさらなのだ。いつもお世話になっている板金屋さんがお寺の屋根の補修工事に入っていて来年1月まで手が空かないという状況もあった。

この状況だと無理なく年明けの工事にするのが無難だけど、仮設でチムニー(煙突囲い)を作成して、年明けに、板金屋さんが動ける時になったら、きちんと仕上げるという作戦にした。

日が短くて早く暗くなってしまうこの時期なので、作業は困難を極めた。夜間、霜が降りて凍ってきてしまうので、足元も滑る安くなってきて、かなり大変な作業だったけれども、何とか形になった。

resize4736.jpg
トタンを折り曲げて差し込んだ仮の雨仕舞いの上に防水紙を巻く

resize4737.jpg
防水紙と胴縁の保護のために仮のサイディングを貼る

resize4736_20141221091454af2.jpg
風雨にさらされても大丈夫な状態になった

resize4734.jpg
設置完了して、お客様宅で火入れしたところ

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
下屋のチムニーの立ち上がりが雨樋よりも内側まで来ているので、どう仕舞いするかが気になっています。
2014/12/22(月) 10:26:42 | URL | shige02 #LkZag.iM[ 編集]
700SLちゃんでなくて良かった。
2014/12/22(月) 12:17:36 | URL | とし #-[ 編集]
sigle02さま:

現状、大屋根側の雨樋を外しても、それほど大きな問題はなさそうです。

何か問題があればチムニーの外側方向にだけ雨樋をつけます。
2014/12/22(月) 17:59:12 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
としさま:

その気持ち解ります。

「700SLを現品で売ってくれ」というお客様が来ないことを願いたいですねぇ。
2014/12/22(月) 18:01:07 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
思い出します
お疲れ様でした。

さぞ寒かった事と思います。
チムニーを自作した時を思い出しました。
自分の場合は、屋根に穴を開けてしまったので適当に雨仕舞いしたのがダメで初雨漏りを体験、ものすごく慌てたのを覚えています。
その時はプラダンで仮対応しました。

毎晩、帰宅後の作業を泣く泣くしてました。
気が張ってる時は風邪をひかないものですね。
(^_^;)
2015/01/15(木) 16:48:45 | URL | かなパパ #mQop/nM.[ 編集]
Re: 思い出します
かなパパさま:

チムニーの雨仕舞い、貴重な経験をしましたよね。

DIYで帰宅後の暗い中での作業というのもキツイですよね。でも納めなければという気合で乗り切ったのも、素晴らしいです。
2015/01/15(木) 18:08:34 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/892-6ff10b70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック