春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
薪の配達の際に、何年か前にコンサルしたお家の近くを通りかかったので、立ち寄ってみた。せっかくだから薪ストーブに火を入れてみようということになって、焚きつけを任された。

コロ薪があると、ロケットストーブ式の焚きつけは比較的簡単だけど、長い薪しかないこともある。そういう時には、炉内に長い薪を2-3センチの間隔で平行に置いて、その間に細めの焚きつけ材を入れる。

太くて長い薪を灰のベタ置きしないで、細めの枝で浮かしてやると、ドブレ700SLの炉の前面の一次空気噴出し口からの空気の流れを使って、一気に立ち上がってくれる。平行して置いた薪同士の隙間が煙突効果を持ち、ヒートライザー代わりになるので、少なめの焚きつけ材で済むのだ。

resize4701.jpg
平行して並べた薪の間を火柱が立ち上がる

resize4702.jpg
太い薪の下に枝を置いて、噴射口からの空気の流れを確保

resize4704.jpg
十分に燃えてきたら、追加の薪を斜めに乗せる。炎の立ち上がりを邪魔しないように配慮する

resize4703.jpg
スムーズに立ち上がって、短時間で二次燃焼の状態に入った

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/891-02f6ad16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック