春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
炉内でゆっくりオーロラ燃焼した後には、ヒートライザー内に炎が吸い込まれる。ヒートライザーの中を激しく炎が上昇して、天板に叩きつけている様子が、観察できる。





この構造のため、ここのヤカンを置くと、短時間でボコボコ沸騰する。この天板の丸い蓋を取り外せば、直火で土鍋ご飯を炊いたり、中華鍋でチャーハンや野菜炒めなど、強い火力を必要とする料理も簡単にできる。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/859-009ab7e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック