春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
いきなり炭に火はつかないので、まずは焚きつけ薪を燃やす。

resize0732.jpg

ある程度しっかり燃えてきたら、炭を上部に空気の通り道を考えながら、炉内に目一杯入るように積んでいく。そうすると、良い感じで薪ストーブの炉内で炭を燃やせる。

resize0731.jpg

初期のこの段階だけは、炉内の温度が十分に上がってないので煙突からの煙が目立つ。

resize0734.jpg

普通は薪が燃えて熾き火(炭)になるけど、いきなりそれを通り越して炉内に熾き火がたっぷりの理想的な状態がすぐに作れる。薪をガンガン焚くと天板の温度が250℃以上に上がるけど、炭の場合は200℃程度でマイルドでやさしい感じの暖房となる。

resize0733.jpg

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
問題ないんですね
よく薪ストーブの取説に、薪以外の燃料を入れないでくださいと書いてありますが、問題ない物なんですか?
2013/01/07(月) 08:39:12 | URL | かなパパ #kIAj/Adw[ 編集]
薪が燃えて熾き(炭)になるわけで結局は同じことなので、問題ありません。

取り説に書いてあるのは、石炭とか、固形燃料とか、廃材とかのことを言っているのだと思いますが、わざわざ炭は例外とか書くこともないだけですね。
2013/01/07(月) 08:56:21 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/85-b6296d65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック