春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
「新築の家に薪ストーブをつけたいけど予算的に厳しいっ!」と断念するケースも多い。

安易に断念する場合にはその程度のやる気しかなかったわけで、無理して薪ストーブをやって苦労しない方が良いと思う。エアコンや石油ストーブを「単なる暖房」と割り切った方が幸せだろう。

しかし問題点は予算だけで「いつかは薪ストーブをやりたい」と本気で考えている場合には、屋根を貫通してのチムニー作成、小屋裏から二階天井までの煙突配管だけをやっておいた方が良い。エアコンや石油ストーブでは絶対に味わうことのない陽だまりような異次元の暖かさと気持ち良さを得る「夢」を、新築の家に盛り込んでおくことをお勧めする。

新築の場合には設計時点から、煙突を構造材を避けたルートで無理なく通すことができる。屋根材を葺いてから、煙突設置時に剥がして作り直すより、野地板を作成した時点で、野地板を貫通させてチムニーを作成して、外壁と同じ仕上げで作成してその後から屋根を葺いておけば、雨仕舞い的にも圧倒的に有利なのだ。

薪ストーブ、煙突、チムニーと一式丸々だと国産の煙突部材を使えば120万円コースが一般的だけど、チムニー作成&煙突だけのプランだと40万円ほどで可能だ。今回の工事は、このパターンの依頼で、室内側や薪ストーブ本体の設置(注文)はなく、写真の部分のみだ。

resize4292.jpg
家を建てた大工さんが作成したしっかりとしたチムニーに固定金具をつける

resize4293.jpg
下側の固定金具が真下に来るように下げ振りで確認

resize4294.jpg
上下の固定金具が垂直についたら、煙突を固定する

resize4291.jpg
カバーをつけて完成

resize4295.jpg
二階の天井部分。ここにロックウールなどの断熱材を入れてから化粧板でふさぐ

入居後に予算を作って煙突を一本づつ買って、室内側の煙突を継ぎ足していくのもアリだし、ある程度予算が溜まってから一気に煙突と薪ストーブ本体を購入するのもアリだろう。その間に薪を作っておけば、導入後にすぐに自分の作った薪を焚けて、喜びも倍増だろう。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/846-63de4817
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック