春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
基本はDIY設置のコンサル案件ということなので、私は基本的な方針のアドバイスのみ行った。

現場での採寸や部材の拾い出しも、敢えてご自身で行ってもらった。この段階で中途半端に私が入ると、甘えが出てしまって万一のミスの時に責任転嫁されるようなことになりがちだからだ。

resize3918.jpg
全体の図面

resize3917.jpg
ベランダ貫通部分の図面

resize3916.jpg
ベランダ用の特注化粧板の設計図

このように方眼紙を継ぎ足して、正確な縮尺で図面を作成して間違えのないように丁寧に図面を作成されていた。私が現場調査する時には、ここまで丁寧な図面は作成しないでポイントとなる寸法だけメモ書きで済ませてしまうけれども、慣れない人が初めてやる時にはこのくらい慎重にやるのが良いと思った。

resize3914.jpg

このお家では、煙突を壁出しして、そのままベランダを貫通させるプランだけど、ベランダの通行の邪魔にならず、なおかつ二階の屋根の軒先に干渉しない絶妙な位置に通したのがポイントだ。通常よりも壁面から離れたところを煙突が立ち上がるので、壁面のサポート部材には京阪エンジニアリングのものを採用した。これはデザインも美しく、使い勝手も良く、設置工事も比較的簡単に行える優れものなのだ。

resize3915.jpg
リフォーム工事と同時にメガネ石の埋め込み、ケイカル外壁、煙突サポートの取りつけまで済ませていた

仕事は事前準備と段取りが8分で、実際の施工そのものは2割くらいの感覚だ。薪ストーブや煙突の設置工事の前にここまでできていれば、あとは施主さん自らのDIY施工でも、サクサク進むであろうことは容易に想像できた。(比較的難易度の低い工事内容なので)

★従来から登録中のブログ村ランキング★
ブログ村ランキング:オリジナルバナー
※前日のアクセス数、クリック数(率)のデータ公開は終了しました.....

★楽天人気ブログにも新規登録しました★

薪ストーブ暮らし ブログランキングへ

★FC2ブログランキングにも登録しました★

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/814-11318ef9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック