春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
「既存の家をリフォームして薪ストーブを導入したい」ということでのコンサル案件。

妥協しないで、自分の納得のいくまでトコトンきちんと調べている施主さんなので、私も持てるノウハウを全て投入して対応した。私だけでなく、他社にも色々問い合わせた上で、最終的にご選択いただいたそうだ。

resize3912.jpg

まずは、タイルの炉台、そして石の炉壁を作成する方向で進めた。十分に広い炉台で、そして炉壁は25ミリの空気層と1200ミリの高さを確保するというポイントをおさえつつ、好みの素材をサンプルを取り寄せて選定したそうだ。薪ストーブのカタログから切り抜いた写真をサンプルの上に置いて、イメージをなるべく実物に近い感じでシュミレーションしながら把握したそうだ。

resize3913.jpg
何十種類もの組み合わせを試したそうだ

resize3911.jpg
最終的に完成した炉台、炉壁

resize3908.jpg
炉壁上部の左右には排気穴を確保して、ガンガン焚いて温度を蓄熱させたものを効率的に放熱できるようにした

resize3907_20140925164856c0a.jpg
炉壁下部の左右には吸気穴を確保して効率良く炉壁裏の上昇気流が流れるようにした

素材はもちろんのこと、細部まで妥協を排した完璧な炉台、炉壁だ。ここに薪ストーブが設置されるのが楽しみだ。

★従来から登録中のブログ村ランキング★
ブログ村ランキング:オリジナルバナー
※前日のアクセス数、クリック数(率)のデータ公開は終了しました.....

★楽天人気ブログにも新規登録しました★

薪ストーブ暮らし ブログランキングへ

★FC2ブログランキングにも登録しました★

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
炉壁と炉台の素材探しを思い出した。
ここは相当に念が入って完璧!
御立派ですねー

今に思えば僕も師匠を頼りに勉学しましたが、月とスッポンの違いに愕然です。

タイルとか東京原宿のアドヴァンのショウルームとそこのネット通販で探して良いのを選らんだと満足してたのが恥ずかしいだわ!!
2014/10/04(土) 22:36:34 | URL | うさぎ #yLjmSUGw[ 編集]
うさぎさま:

こちらも同じように素材を探したそうですよ。

うさぎさまの炉台も素敵だと思います。
2014/10/05(日) 06:19:08 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
ホームセンターで
一番安い石を買って、ゴミの山から拾ったOSB合板と、転がっていた2x4で間に合わせの炉台を作っている自分とは雲泥の差ですね。。。
炉壁はケイカルを立てかけてあるだけだし。
見た目はやはり肝心。
2014/10/05(日) 12:33:51 | URL | shige02 #LkZag.iM[ 編集]
single02さま:

機能優先、コストパフォーマンス優先という選択肢もありだと思います。
2014/10/05(日) 17:52:06 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
その節は大変お世話になりました。
薪ストーブの計画を立て始めて足かけ何年になりましょうか。。。
さまざまな変遷を経ながらいろいろな準備をコツコツとやり、ようやく設置出来感動もひとしおです。
お金持ちでサクッと依頼して出来上がっていたらまるで違うものが出来上がっていたかと思うと、じっくり夢をあたためる時間があったのはかえってよかったのだなと思っています。
これまでずっと川原さんのサイトは参考にさせていただき、でも最終的にはコンサルを依頼して大正解だったと思います。設計、設置にあたっては、どうしてもケースバイケースな判断が生じるのですがそこに入るアドバイスの有無がのちのちの薪ストーブライフを大きく左右しうると思いますのでここはケチるところではない!と思いました。自分の中でもさんざん参考にさせていただいた川原さんにきちんとお仕事として依頼できてほっとした面もあります。
ようやく薪ストーブユーザーの仲間入りができました。使い始めてはじめて試行錯誤がはじまるのでしょうがすべてがとても楽しみです。
どうぞよろしくお願いいたします。
2014/10/06(月) 15:54:16 | URL | mk #VYt8HEcQ[ 編集]
これからも、よろしくお願いします
mkさま:

今回はありがとうございました。

お仕事としてご依頼いただいたからには、ネットの情報だけでは判らない部分や、現場に行ったり、顔を合わせたりしないと理解できない部分を、きっちりフォローするように心がけました。

これから、色々と試行錯誤するだろうと思いますが、それも楽しみだと思います。同じ薪ストーブユーザー同士、薪ストーブの良さを堪能しましょう。

こちらこそ、今後とも、よろしくお願いします。
2014/10/07(火) 06:57:51 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/813-a51f7429
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック