春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
新築のお家に薪ストーブを設置する現場で打ち合わせしてきた。現場に行くと、図面だけでは判らないことがチェックできるのだ。新築の家なので、骨組みが見えている状態で確認して、理想に近い状態で煙突配管を行いたい。

resize3892.jpg
設計士さんが作成した図面を元に位置を確認

resize3891.jpg
下げ振りを使って屋根裏貫通位置を確認

resize3890.jpg
原始的だけど一番確実な方法

当初の設計のままだと、屋根裏の垂木を切断することになってしまう状況だった。今回は煙突をここで折り曲げるという選択肢はない。一階部分で折り曲げ予定なので小屋裏付近で曲げてしまうと二回の折り曲げとなってしまう。かといって、構造材を撤去するのは、建物の強度にとって良くないことなので、垂木と垂木のど真ん中を煙突が貫通するように修正(変更)するようにアドバイスしてきた。設計士、大工さん、施主さんの三者が揃っていたので、その場で決定できた。

resize3893.jpg


このように修正可能な早い段階から呼んでもらえると、合理的で無理のない、やり方が提案できる。

設計士さんはこの墨出しの後、いきなり屋根開口してチムニー作成に入ることを考えていたらしいけど、屋根材を葺くタイミングで、板金屋さんが入る日を確定してから、それに合わせたスケジュールを組んでチムニー作成した方が室内側へ雨が入ってこなくて合理的なので、段取りを変更するようにもアドバイスしてきた。

★従来から登録中のブログ村ランキング★
ブログ村ランキング:オリジナルバナー
※前日のアクセス数、クリック数(率)のデータ公開は終了しました.....

★楽天人気ブログにも新規登録しました★

薪ストーブ暮らし ブログランキングへ

★FC2ブログランキングにも登録しました★

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/812-1dd752df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック