春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
チムニーの柱の外側には下側から防水紙を巻いて、タッカーで打ち付ける。継ぎ足しは下から上にと巻いていき、万一防水紙の表面に水が流れても外側へ伝って行くようにして、内側へは雨水が浸入しないようにする。

防水紙の、チムニーの下端は、すぐに板金処理する場合には取り合い部分で切ってしまっても良いが、すぐに板金処理できない場合には長めに余分にしておいて、仮の雨仕舞いで屋内側へ雨水が浸入しないように工夫して使う。(防水紙を上側や隣側の瓦の下に挟んでおけば、多少の雨ならば室内側への雨漏れが防げる)

防水紙をチムニーに巻きつけたら、次はサイディングを貼るための、薄い木の板の胴縁を防水紙の上から、チムニーの柱に、ビスで固定していく。胴縁同士の間隔は40センチくらいが目安だ。

resize3880.jpg

resize3881.jpg

屋根とチムニー外壁の取り合い部分の板金での防水処理のあと、最終的に、この胴縁の上にサイディングを貼って仕上げとなる予定だ。

何とか二日目の午前中いっぱいで、形になった。午後から来る板金屋さんに、作業を引き継げる状況になってホッとした。

resize3906.jpg
昼過ぎに、板金屋さんが来てくれたので、胴縁の打ちつけも含めてバトンタッチした

引き続き、最重要部分の、チムニーと屋根の取り合い部分の板金処理に入ってもらう。

★従来から登録中のブログ村ランキング★
ブログ村ランキング:オリジナルバナー
※前日のアクセス数、クリック数(率)のデータ公開は終了しました.....

★楽天人気ブログにも新規登録しました★

薪ストーブ暮らし ブログランキングへ

★FC2ブログランキングにも登録しました★

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
屋根抜き&板金
板金屋さん、ドリル開けしてるお姿は一生懸命な表情で好感持てます。
なかなかにお歳をめしている感じですが、、、、!

良い職人さんは年配さんが
大切ですね。
2014/09/28(日) 19:47:42 | URL | うさぎ #yLjmSUGw[ 編集]
うさぎさま:

親子でやられている板金屋さんで、とても信頼できる方々です。

人間的にも技術的にも安心して現場を任せられます。
2014/09/28(日) 22:40:43 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
天窓から
川原さんお世話様です。

天窓からバッチリ煙突が見えて
いい感じですね!
次回も楽しみにしています!!
2014/09/29(月) 07:57:37 | URL | お木楽男 #-[ 編集]
お木楽男さま:

天窓から煙突が見えると、燃焼状態のチェックが室内からできるので便利だと思います。

引き続き、次回は一番重要の取り合い部分の防水処理です。
2014/09/29(月) 14:13:40 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/807-a4ae56b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック