春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
既存の建物に煙突貫通のための穴を開ける場合に、一番問題になるのは、天井内部や壁の中の構造が見えないために、薪ストーブを置きたい場所に設置して、そこから煙突を伸ばして構造と干渉してしまうことだ。

梁や筋交い、火打ちなど構造上どうしても切断するわけにはいかない部分に煙突の配管経路が来てしまう場合には、煙突を折り曲げて逃げて対応するしかない。煙突を真っ直ぐ伸ばした方が排気効率が良く、燃焼状態も良いのは言うまでもないが、構造を破壊するわけにはいかない。煙突を折り曲げる方法以外には、薪ストーブの設置位置を見直すというやり方もある。

今回設置する家の場合には幸いなことに梁、筋交い、火打ちなどの重要な構造部分には干渉しなかったけれども、希望の設置位置にすると天井垂木を複数切断しなければならなくなってくる状態だった。天井垂木を複数切断しても、住宅の躯体の構造的な強度は問題ないけれども、できることならば切断の本数は少なくしたい。垂木と垂木の中間を狙って煙突を通すのが理想だ。

resize3866.jpg
薪ストーブを設置希望位置に置いてみて、垂直にレーザーを飛ばす
(レーザーがない場合には下げ振りでもOK)

resize3867.jpg
煙突の芯の位置を天井にマークする

resize3868.jpg
とりあえずドリルで小穴を空けて天井裏の様子を観察する

いきなり大きな穴を開けないのがコツだ。内部の様子が確認できるギリギリの小さいサイズで穴を開けて、最適な開口位置を決定する。

resize3869.jpg
決定した煙突貫通用の開口位置のうち一辺は既存の垂木を切断しないで、そのまま使えるようにして、建物へのダメージを最小限にとどめるようにした

★従来から登録中のブログ村ランキング★
ブログ村ランキング:オリジナルバナー
※前日のアクセス数、クリック数(率)のデータ公開は終了しました.....

★楽天人気ブログにも新規登録しました★

薪ストーブ暮らし ブログランキングへ

★FC2ブログランキングにも登録しました★

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
反原発⇒里山資本主義の加速
これだけ灯油が高騰してくると

木材燃料計(薪&ペレット)の

天然ストーブを既存住宅に設置希望

者は段々多くなります。

日本が世界に優る森林将来像を描た

角川書店の「里山資本主義」漆谷著

は素晴らしい本で是非ご一読を!


2014/09/24(水) 08:32:14 | URL | うさぎ #yLjmSUGw[ 編集]
うさぎさま:

良い本の紹介をありがとうございます。

一連の薪ストーブ設置工事が一段落ついたら読んでみたいと思います。
2014/09/24(水) 15:41:00 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
出来るだけ詳しく
川原さん お世話様です。

DIY設置を目指している者の
お手本になりますので、この物件の施工状況を写真多めでレポートしていただきたいです。
よろしくお願いします。


2014/09/25(木) 07:31:02 | URL | お木楽男 #-[ 編集]
お木楽男さま:

要所要所が判るような写真で紹介していきますので、お楽しみに。

2014/09/25(木) 07:53:26 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/803-0bdac623
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック