春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
薪ストーブの表面の錆びは目につきやすいが、目につきにくい意外な盲点は扉のガスケットが当たる部分だ。

この部分が錆びるとガスケットが急激に痛み、気密が取りにくくなってくる。最悪の場合はガスケットが剥げ落ちるようなダメージを与えてしまう。

シーズンオフにメンテナンスした人は大丈夫だろうけど、梅雨や夏の間、メンテナンスしないで今頃、やっている人は錆びがついてないか要チェックだ。

resize3844.jpg
付着した灰が湿気を吸って、シーズンオフ中に錆びが進行している

resize3845.jpg
ワイヤーブラシで錆びを落として、防塵のオイルスプレーを塗る

resize3846.jpg
メンテナンス後の状態

薪ストーブのメンテナンス、煙突掃除は直前ではなく、春から入梅前のシーズンオフににやるのが基本なのだけど、ついつい放置してしまって、シーズン直前に慌ててやる人もいる。この場合錆びによるダメージが進むので、薪ストーブの寿命が短くなる。同じ手間をかけるならば、効果的なシーズンオフにやろう。寒くなってきて薪ストーブを見て、錆びでショックを受けた人は、教訓にしよう。

★従来から登録中のブログ村ランキング★
ブログ村ランキング:オリジナルバナー
※前日のアクセス数、クリック数(率)のデータ公開は終了しました.....

★楽天人気ブログにも新規登録しました★

薪ストーブ暮らし ブログランキングへ

★FC2ブログランキングにも登録しました★

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/801-39666007
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック