春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
新築で薪ストーブのある家を考えている場合「薪ストーブの機種がどうの」とか「家のどこに設置するか」は誰でも考えるだろう。それはそれで楽しいけれども、もっと極めて重要な点を全く見落としてしまいがちだ。

それは「薪の搬入動線」だ。ここで言う動線とは、敷地内の薪棚や、ウッドデッキなどから室内にどう運び入れるかというようなことではない。道路から家の敷地や薪棚にどう入れるかということだ。

薪ストーブをメインの暖房器具として使うとなると、1シーズンで4-6トン程度の薪が必要になる。容積にすると8立米から12立米くらいになる。4トントラック山盛りの薪を、自分で運んでくるなり、購入して配達してもらうなりした時に、搬入を甘く見ていると大きく時間的にも労力的にもロスをすることになる。これが毎年のことだから、慎重に計画したいところだ。駐車場の配置、薪棚の配置、玄関の配置など家だけでなく敷地や道路の位置関係をチェックして、スムーズに薪を運び入れられるようにすることを強くお勧めしたい。

これは毎年のことで、しかもすごい量なので、これを効率良く短時間でこなすことができるか、非効率で時間がかかるかでは、トータルで人生の時間のロスは大きく違っくる。いくら薪活が楽しいからと言っても、右から左への移動の時間に無駄に費やすよりも、もっと他にやれることをやった方が有意義だと思う。

クレーン付きのトラックを横付けできてメッシュコンテナや、ウッドバッグなどで降ろして、そのまま汗もかかずにサクっと短時間で完了できるのが理想的だ。その際、クレーンのブームが電力ケーブルや光ファイバーなどの通信ケーブルの邪魔にならないように、引込み線の経路まで確認する必要がある。状況に応じて家の壁に直接引き込むのではなく、搬入方向とは別にポールを立てて、そちらに配線を持っていく方が良い場合もある。

このように、快適な薪ストーブの使用のためには新築時に注意深く設計する必要があるのだけど、そこまで考えられれているケースは非常に少ない。設計事務所や工務店、ハウスメーカーに依頼すると、たいていは薪の搬入動線は全く考慮されていない設計図が出来上がる。ある程度設計が進んで着工してしまってから、相談を受けても根本からひっくり返すわけにはいかないので、黙っているけど、できることならば設計に入る前のラフプランの段階で相談して欲しい。

少し前に「家を減築してリフォームする際に薪ストーブを導入したい」という相談を受けたが、この時には家のことよりも、むしろ外構を現状の階段からスロープにし大幅にリフォームして薪をスムーズに一輪車などで庭に運び入れるようにした方が良いというアドバイスをしてきた。薪ストーブはある意味、その家の状況に応じてベストの位置つけるのはそれほど大変なことではないし、薪ストーブを入れるという前提でのリフォームだから、それほど的外れなことにはならないと思った。しかし、外構については、現状のままだと薪の搬入に苦労することが予測できたからだ。

若い時には体力が有り余っていて、多少キツイ薪の搬入動線でも何とかなるかもしれないけど、年齢を重ねて体力が落ちた時には色々と厳しくなってくる。自分で薪を運べない場合には、購入する必要だって出てくるかもしれないし、そういう時に搬入しやすいか、どうかでも、トータルの費用も違ってくる。

「薪ストーブの機種」で悩むより「薪の搬入動線」で悩んだ方がはるかに有意義なで快適な薪ストーブライフが送れる。これから新築、リフォームで薪ストーブの導入を考えている人に一番重視して欲しいポイントだ。

★従来から登録中のブログ村ランキング★
ブログ村ランキング:オリジナルバナー
※前日のアクセス数、クリック数(率)のデータ公開は終了しました.....

★楽天人気ブログにも新規登録しました★

薪ストーブ暮らし ブログランキングへ

★FC2ブログランキングにも登録しました★

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
導線
お久しぶりです。
何も考えずに新築の一人です。
薪の搬入には苦労してきましたが
となりの林が造成されまして、法面が平地になるという幸運に恵まれ、薪棚移築中です。これからの方はよーく考えてほしいですね。
2014/09/14(日) 21:06:11 | URL | F650 #2ogembqU[ 編集]
F650さま:

建築後に隣の林が造成で平らになるというのは本当にラッキーですねぇ。普通は後から環境はなかなか変らないですからねぇ。

今後は移設した薪棚で使い勝手が良くなりそうですね。
2014/09/15(月) 04:42:57 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
薪の運び込み 動線
ポイントは、きっとここですね。
主暖房にするかしないかが分かれ目
ですね。
薪ストーブの大きさも決まるし。


>その際、クレーンのブームが電力>ケーブルや光ファイバーなどの通>信ケーブルの邪魔にならないよう>に、引込み線の経路まで確認する>必要がある。状況に応じて家の壁>に直接引き込むのではなく、搬入>方向とは別にポールを立てて、そ>ちらに配線を持っていく方が良い>場合もある。


2014/09/16(火) 21:33:24 | URL | うさぎ #yLjmSUGw[ 編集]
うさぎさま:

おっしゃる通りで、週末だけ焚く場合と、毎日焚く場合では全然薪の必要量が違ってきますからねぇ。

少なければ、多少動線が悪くても何とかなってしまいますね。

それから趣味の薪ストーブであれば小型機種の選択もありだと思います。後日、この視点でも記事にします。
2014/09/17(水) 09:07:16 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/791-bf85f2ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック