春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
「ログハウスに薪ストーブをつけたい」ということで、だいぶ前に相談を受けていた現場。炉台や炉壁の作り方を教えてきたが、最近にやってだいぶ進んだようだ。

resize3802.jpg
鉄骨で空気層を確保して、さらにアルミシートでログ材の保護をしている

プロによる施工もいいけど、こういうふうに手作りのDIYでの炉台、炉壁も味があって良いと思う。空気層で断熱することなど基本をおさえれば、誰にでもきるので、ぜひとも取り組んで欲しい。

完成した状態を自分の目で見るのが楽しみだ。

resize3801.jpg
ケイカル板を貼り付け、レンガタイルを貼り付け、漆喰を塗って良い雰囲気が出てきた

★従来から登録中のブログ村ランキング★
ブログ村ランキング:オリジナルバナー
※前日のアクセス数、クリック数(率)のデータ公開は終了しました.....

★楽天人気ブログにも新規登録しました★

薪ストーブ暮らし ブログランキングへ

★FC2ブログランキングにも登録しました★

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
川原様
丸太郎です。お蔭様で何とか形が見えてきました。
乱形石の炉台は先輩方々の記録を頼りに4日程で仕上げたものの、その先の炉壁作りは苦心と苦労の連続でした。薄さとデザイン性に拘りすぎ?と後悔することも…
例えば写真ではわかりにくいですが、ログ壁は凸部分(厚さ60~100mm)を完全に削り取って室内スペースへの影響を抑えています。
2014/09/11(木) 23:36:04 | URL | マキ 丸太郎 #-[ 編集]
マキ 丸太郎さま:

炉台、炉壁ともに苦労が感じられます。その労力をかけた分だけ素晴らしい仕上がりになっていると思います。

そういう細かい造作の積み重ねで、室内側が広く使えるメリットとして着実に生きてきていますね。
2014/09/11(木) 23:54:35 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/788-be09b183
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック