春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
resize3790.jpg
組み立てた炉壁のケイカルに黒い漆喰を塗っていく

resize3791.jpg
厚塗りしていく

resize3792.jpg
側面の次は背面

resize3793.jpg
ブラックグレーの漆喰塗りの、素敵なオリジナル炉壁が完成した

resize3794.jpg
薪ストーブを迎え入れる準備が整った


※このようなプロの職人による、本格的な炉台や炉壁の作成依頼もお受けしています。
素材は今回紹介した漆喰の他に、レンガ、タイル、石など自由に選択いただけます。


(値段の目安は約3万円/㎡・・・一般的な炉台、炉壁の場合で、材料と工賃の合計10万円程度)




★従来から登録中のブログ村ランキング★
ブログ村ランキング:オリジナルバナー
※前日のアクセス数、クリック数(率)のデータ公開は終了しました.....

★楽天人気ブログにも新規登録しました★

薪ストーブ暮らし ブログランキングへ

★FC2ブログランキングにも登録しました★

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
かわはらさん、こんにちは。
黒漆喰、格好良いですね。うちはストーブの部屋に白漆喰を塗りましたが、煤汚れ等が目立ってきたら水性塗料で薄く色付けでもと考えていました。この方法は良いですね。いつもためになるアイディアをありがとうございます。

最近はシーズンに向けて煙道設計の変更と口元までオール二重の準備をしました。それとダンパーが気になり、関連する記事を読み漁っています。二重部分に後付け出来る製品が見当たらないのでこれから手元にある丁字ボックスレンチと丸ノコチップで自作です。
2014/09/09(火) 13:09:07 | URL | たんざー #-[ 編集]
たんざーさま:

吸湿性のあるせっかくの自然素材の漆喰ですから上から塗料で塗りつぶしてしまうのはもったいないと思います。塗料だと耐熱性で変質する可能性もありますしね。

漆喰は上から何度でも塗れますので、汚れてきたらこの方法で色を作って塗るのがベストだと思います。

二重部分に後付けで取り付けるダンパーは自作するしかないですが、その気になれば、そんなに難しくはないと思います。

メトスかトコナメの国産の高木チムニーだったら製品でダンパー付き150Lが取り付けられますけどね・・・。
2014/09/09(火) 14:02:31 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
黒漆喰はとても味があって良いですね。
しかしストーブの熱によってひび割れが発生するリスクがありませんか?
2014/09/11(木) 06:52:33 | URL | SKIN HEAD #-[ 編集]
SKIN HEADさま:

ひび割れしにくいような下地処理、調合などプロの秘伝の技があります。

ニーズと予算に応じて様々なやり方があります。極力ひび割れしないようにということであれば、そのようなやり方を取ります。

逆に、多少ひび割れしても機能的には問題ないと割り切るのも一つの方法ですし、ひび割れしても目立たない表面のデザインもあります。またひび割れしても簡単に補修できるのが漆喰のメリットでもあります。
2014/09/11(木) 08:38:27 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/787-6ec0ce91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック