春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
ベルギーで建物の写真を撮ると、煙突がついてない家を見つけるのが難しいくらい、どの建物の屋根にも煙突がついている。一つに家に複数ついているのも珍しくない。一戸建てはもちろんだけど、集合住宅や長屋作りの家にも含めてだ。また新しい古いを問わず、煙突がついている。煙突普及率は日本の何百倍、何千倍というレベルだろう。

日本のように画一的なものではなく、個性があって見ていて面白い。

resize3712.jpg
郊外の長屋

resize3713.jpg
郊外の住宅地

resize3716.jpg
住宅密集地

resize3715.jpg
地方都市の古い民家

resize3714.jpg
古い建物

伊達や飾りで煙突がついているわけでなく、今現在、使っている使ってないは別にして、必要性があって使っていた事実があるから、このように煙突が林立しているわけだろう。

これだけ一般的に個別の家庭での燃焼による暖房が普及しているからこそ、正しい使い方を啓蒙しないと公害で大変なことになってしまうというわけだ。

★従来から登録中のブログ村ランキング★
ブログ村ランキング:オリジナルバナー
※前日のアクセス数、クリック数(率)のデータ公開は終了しました.....

★楽天人気ブログにも新規登録しました★

薪ストーブ暮らし ブログランキングへ

★FC2ブログランキングにも登録しました★

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/765-e8e70552
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック