春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
新築の設計時点からコンサル依頼を受けていた案件。建築中にも何度か現場に行って、煙突の配管ルートの検討を重ねてきたお家。

一番最初の家の設計段階では、薪ストーブから立ちあがった煙突が二階まで延びて、二階の壁を抜いて屋外に出して、二階の壁面から屋根の上までちょこっと伸びるというようなものだった。

壁を抜いた後の縦の長さが足りずにドラフトが弱くなること、そして煙突掃除の際に屋外のエルボの部分の作業が困難を極めることなどを説明して、壁抜きはなしで、そのまま真っ直ぐ屋根から抜くことを提案して、それが採用された。大工さんや設計士と、直接現場で話ができたのは大きかった。

吹き抜けにしないで一階の熱を二階に上げる秘策で、以前紹介した室内チムニーとはまた違う設計になった。それは二階のフローリングを取り外し可能にしてその下をスノコにして、冬場は薪ストーブの熱を二階に導き、素早く暖めることが可能になった。この部分に洗濯物を干せば、すぐに乾くというオマケ付きだ。

resize3613.jpg
二階の煙突貫通部分

resize3614.jpg
夏の薪ストーブを使わない時期にはフローリング敷きの二階

resize3615.jpg
このようにフローリングの取り外しが自由自在の設計

resize3616.jpg
スノコ状になって、効率的に熱気を上げることができる

resize3617.jpg
一階から上を見上げた状態


★従来から登録中のブログ村ランキング★
ブログ村ランキング:オリジナルバナー
※前日のアクセス数、クリック数(率)のデータ公開は終了しました.....

★楽天人気ブログにも新規登録しました★

薪ストーブ暮らし ブログランキングへ

★FC2ブログランキングにも登録しました★

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
これ最高ですね!
うちは、上がちょうど寝室で熱風を上げると灼熱部屋になります。
どうやって、熱風を廊下まで逃がすが、未だに検討中です。
冬と夏で装備を変えるのは面白いですね、うちは冬場だけダクトを伸ばすかもしれません。
(^_^)
2014/07/28(月) 01:17:14 | URL | かなパパ #-[ 編集]
かなパパさま:

熱風の通過部分の開閉度合いを変えてコントロールできると良いかもしれないですね。
2014/07/28(月) 07:31:43 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/742-08e76dd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック