春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
resize3579.jpg
焚きつけの後、30分程度で太い薪を追加投入した

resize3578.jpg
扉を閉めると、ゴーゴーというロケットストーブ特有の力強い吸気音を立てながら、勢い良く炎が立ち上がる。

やはり、大開口のスリットの空気取り入れ口の効果は絶大だった。焚きつけ時から、薪の追加投入後まで、全開でちょうど良い感じ。炎も炉内で、気持ち良く立ち上がっていて、縦長のガラス一杯に舞い上がり、迫力がある。

resize3580.jpg
天板の観察窓のガラスに前回のテスト時の不完全燃焼でついた煤も焼き切れてきて、外さなくても炎が観察できるようになってきた。天板温度は400℃近く、ヤカンのお湯もボコボコ沸騰している。焚きつけ後のたった30分でこの立ち上がりの早さも特筆できる。ロケットストーブのヒートライザーを勢い良く炎が舞い上がっていることで、この性能が実現されているのだ。

追加投入した薪に炎が回ったら、いよいよ空気調整して、省エネ燃焼モードに入る。

★従来から登録中のブログ村ランキング★
ブログ村ランキング:オリジナルバナー
※前日のアクセス数、クリック数(率)のデータ公開は終了しました.....

★楽天人気ブログにも新規登録しました★

薪ストーブ暮らし ブログランキングへ

★FC2ブログランキングにも登録しました★

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/740-7bfee8a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック