春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
薪ストーブと言えば吹き抜けみたいなイメージが強いけれども、必ずしも吹き抜けがベストの解決策とも限らない。

薪ストーブで温められた熱気は黙っていても自然に上に行くので、吹き抜けの大空間にした場合は二階が暖まり過ぎてしまって一階が思ったより暖かくならないというケースも多い。シーリングファンなので対流を発生させて、温まった上部の熱気を下に降ろすような工夫も必要になってくる。

そこで、今回の秋田での薪ストーブ設置コンサルでは、既存の家のリフォーム案件で二階も和室だったので、畳一枚分の巨大チムニーを提案した。

resize3514.jpg
吹き抜けよりも、お勧めの『室内チムニー』

吹き抜けにしないで、一階、二階の天井(床)をくり貫いて、そこに室内チムニーを作って、そのチムニーの側面を、スライド式の開閉スリットにすると状況に応じて自由に暖気の上昇をコントロールできるようになるので、お勧めだ。

resize3521.jpg
有孔のケイカル板の天井で暖気を効果的に二階へ通すようにしている。

一階天井部分は、有孔ケイカル板の他にもパンチングメタル、グレーチング、などのの素材や、空間によっては天井部分省略もありだと思う。

resize3515.jpg
スリット閉

resize3512.jpg
スリット開

resize3513.jpg
この部屋で洗濯物を乾かすのもアリだ

真冬の雪がしんしんと降り積もる屋外でも、ここに洗濯物を干しておけばパリっと短時間で乾く。リビングでは洗濯物が目に付かないというのもポイントが大きい。

★従来から登録中のブログ村ランキング★
ブログ村ランキング:オリジナルバナー
※前日のアクセス数、クリック数(率)のデータ公開は終了しました.....

★楽天人気ブログにも新規登録しました★

薪ストーブ暮らし ブログランキングへ

★FC2ブログランキングにも登録しました★

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/729-ec56e8fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック