春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
resize3482.jpg
トップを外して煙突の中を確認

resize3481.jpg
ブラシで煙突内部を清掃

resize3478.jpg
煤は炉内に落とした

煙突を取り外してビニール袋で回収する方法もあるけど、炉内の煤を掃除するのと同時にやった方が合理的だと判断して、炉内で煤を回収した。

初年度ということもあり、若干煤の量は多目だったけどけ、毎年煙突掃除をすることで、焚き方の反省をして、だんだん煤の量も少なくなるだろう。自分でメンテナンスすることでのフィードバックは大きい。

★従来から登録中のブログ村ランキング★
ブログ村ランキング:オリジナルバナー
※前日のアクセス数、クリック数(率)のデータ公開は終了しました.....

★楽天人気ブログにも新規登録しました★

薪ストーブ暮らし ブログランキングへ

★FC2ブログランキングにも登録しました★

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
今年は・・
川原さん お世話様です。
自分は今年煙突ダンパーをつけたのですが たぶん煤の量は昨年より多そうです。。ダンパーの使い方をもっと勉強しなくては・・
我が家はメンテナンスは7月末にピザパーティーの予定があるので8月に入ってからの予定です。
ところで本体を分解して炉内の錆びているところをワイヤーブラシ等で磨いて その後はポリッシュは塗ります??それともCRCだけで充分でしょうか??
2014/07/07(月) 07:40:25 | URL | お木楽男 #-[ 編集]
お木楽男さま:

ダンパーの使い方は十分に温度が上がってから絞るのが効果的だと思います。その前に絞ると煤が増える傾向になると思います。

炉内に関してはポリッシュは不要です。錆び落としの後はCRCで十分だと思います。
2014/07/07(月) 16:18:17 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/723-415dc80d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック