春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
今回の第三弾のテストでは、焚付け時に一次燃焼用のフロントからの空気が不足していることが判明した。扉の修正作業後に、第四弾のテストを行うけど、その前に燃焼のイメージをつかむために、オーブン室の扉を外して、扉の下部から空気を送り込むと、どういう燃え方になるか実験してみた。

resize3371.jpg
石で台を作って高さを決めて、その上に取り外したオーブン室の扉を置く

resize3372.jpg
扉の下部の隙間から空気を入れるワイルドな実験

resize3370.jpg
一応燃えていくが、煤がガラスに付着する(きちんとした空気の流入流路や気密性でないから想定内)

resize3368.jpg
最終的には炉内の断熱材も煤けず綺麗に燃えて、扉を外しても大丈夫だった

この実験でこの後の第四弾のテストの燃え方の想像がついた。

次回、扉の構造を修正して下部からも空気を送り込めるようにして、なおかつ気密性を確保してから、第四弾の燃焼実験に臨みたい。(次回でプロトタイプでの実験は終了できるか?)

★従来から登録中のブログ村ランキング★
ブログ村ランキング:オリジナルバナー
※前日のアクセス数、クリック数(率)のデータ公開は終了しました.....

★楽天人気ブログにも新規登録しました★

薪ストーブ暮らし ブログランキングへ

★FC2ブログランキングにも登録しました★

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/708-9709dea1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック