春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
現在、開発中の室内用のロケットストーブは、

上段:天板でヒートライザーの炎を鍋底に当てての直火調理
中段:オーブン室でオーブン料理
下段:炉内で熾き火料理



と料理の三段活用ができるようになっている。このような構成のものは、ピキャン社のオーブン(ネクター)という薪ストーブが既製品としてはあるけれども、これは炉内た小さく薪が大量に入らないし、必ずしも燃費が良いわけではない。ピキャンの場合にはダンパーの切り替え操作がちょっと面倒なので、今回開発中のものは切り替え操作なしで使えるような設計にした。

料理が自由自在にできて、高効率で燃費が良く、長時間燃えてくれるというところを目指している。

resize3359.jpg
料理の三段活用が可能な設計

resize3358.jpg
天板はこのような熾き火の状態になっても余裕で300℃キープ

resize3356.jpg
天板のヤカンのお湯もボコボコ沸騰している

resize3361.jpg
天板の丸蓋を取り外して、ヒートライザーからの直火を鍋底に当てての土鍋などでの炊飯も可能

resize3357.jpg
オーブン室内も十分高温になった(温めるだけでなく、うっすら茶色く焦がすことも可能なレベル)

resize3360.jpg
炉内では熾き火料理が可能

暖房器具としてだけでなく、調理器具としても、狙い通りに活用できそうだ。

★従来から登録中のブログ村ランキング★
ブログ村ランキング:オリジナルバナー
※前日のアクセス数、クリック数(率)のデータ公開は終了しました.....

★楽天人気ブログにも新規登録しました★

薪ストーブ暮らし ブログランキングへ

★FC2ブログランキングにも登録しました★

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
製品化するんですよね?
2014/06/21(土) 16:21:53 | URL | にーやん #-[ 編集]
にーやんさま:

これは試作機なので、実際に製品化すするまでは、まだしばらく時間がかかりそうです。
2014/06/21(土) 18:47:40 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/706-fefbccce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック