春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
このプロトタイプでは、ヒートライザーでの二次燃焼のために送る空気量の調整ができるようにしているので、初期のミニマムな状態から「このくらいは入れた方がいいだろう」というくらいにしてみた。

resize3354.jpg
ゴツイ薪を大量に入れてガンガン焚いてみる

resize3352.jpg
青白いオーロラ炎が立ち上がり良い感じの燃焼をするようになった

resize3353.jpg
炉内で美しいオーロラ燃焼(二次燃焼)しつつ、ヒートライザーへ炎が吸い込まれて三次燃焼しているのが確認できた

resize3355.jpg
天板の観察穴を開けると、ヒートライザーから激しく炎が立ち上がっている様子が確認できる

resize3351.jpg
煙突からの煙も見る見るうちに薄くなっていき・・・

resize3350.jpg
やがて無色透明状態になった

やはり適切な空気の量を送り込んでやることによって良好な燃焼となることが実感できた。燃費を極端に追求するのではなく、燃焼状況に応じたバランス良い空気の量を送り込むことが、大切だと改めて感じた。

★従来から登録中のブログ村ランキング★
ブログ村ランキング:オリジナルバナー
※前日のアクセス数、クリック数(率)のデータ公開は終了しました.....

★楽天人気ブログにも新規登録しました★

薪ストーブ暮らし ブログランキングへ

★FC2ブログランキングにも登録しました★

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
納得
おはようございます。
ヒートライザー内での燃焼を三次燃焼と考えると、一次給気が二次燃焼までを賄っていることが理解でき腑におちます。
給気のコントロールを車のアクセルの様にリニアなシステムだと面白いかも?
劇的な燃焼の変化に拍手。
次のテストの良い結果を期待しています。
2014/06/20(金) 09:45:16 | URL | 風の森 #-[ 編集]
風の森さま:

今回はプリセットでの調整ですが、必要に応じて二次燃焼の供給量を自由に変えられると面白いかもしれないですね。

空気の調整がいかに大事なのか実感しました。

次回のテストも楽しみです。近日中にできそうですね。
2014/06/20(金) 17:55:20 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/705-eedebadb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック