春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
以前、焚き方のレクチャーをしたユーザーで、私の地元の千葉県内のお家からシーズンが終わっての煙突掃除の依頼が入った。

レクチャー前には煤が大量付着していただけでなく、タールの固まったフレーク状のヤバい可燃性の煤で大変なことになっていたが、今シーズンは非常に良い状態だった。

resize3276.jpg
ブラシを通す前の煙突の状態も良好

resize3275.jpg
ブラシを通して煤を落としていく

resize3278.jpg
掃除前のトップの状態

resize3277.jpg
トップに付着した煤は少なくコーヒーカップ一杯程度分でサラサラの粉状

resize3279.jpg
煙突から落とした煤を回収したところ茶碗一杯程度だった

以前はバケツ一杯分の大量の煤だったが、激減して非常に良好な状態で焚いていることが判った。

★従来から登録中のブログ村ランキング★
ブログ村ランキング:オリジナルバナー
※前日のアクセス数、クリック数(率)のデータ公開は終了しました.....

★楽天人気ブログにも新規登録しました★

薪ストーブ暮らし ブログランキングへ

★FC2ブログランキングにも登録しました★

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/696-a0507e61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック