春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
二日酔いの重い足取りで屋根の上に登って作業を開始した。DIYで設置した煙突なので本人が構造や外し方は判っているはずなので、私は手を出さずに本人にやってもらうことにした。(来シーズンからは自分でやる作業なので)

resize3258.jpg

とりあえずロッキングバンドを取り外して、あとはハマっている煙突トップを上に引き上げるだけで外れるはずなので、全然ビクともしない。いきなりトラブル発生の予感?

接合部分にマイナスドライバーや皮すきをこじ入れて、少しづつ持ち上げるようにして、ようやく外れた。

resize3257.jpg

これはベルギー製の煙突だけど、断熱材が見えてしまってる断面も問題なのだけど、それはとりあえず今は無視しておくにしよう。インナー管と、煙突トップの接合部分に微妙な隙間があって、排気が染み出して煙突トップから回り込んで接合部分に、タールが固着してしまっていたのだ。写真を良く観察すると判るけど、ジョイント部分の縦溝が切ってあるところの黒さが違っている。これは影ではなく付着したタールだ。これにより、、ただ挿さっているだけのトップが外れなかったのだ。

resize3259_201405191419522d7.jpg
トップが外れたら、上からブラシを通して煙突掃除をした。

「ベルギー製の薪ストーブは素晴らしいけど、ベルギー製の二重断熱煙突はショボいなぁ」と思ったが、こんなのは、まだままだ序の口だった・・・。(続く)

★従来から登録中のブログ村ランキング★
ブログ村ランキング:オリジナルバナー
※前日のアクセス数、クリック数(率)のデータ公開は終了しました.....

★楽天人気ブログにも新規登録しました★

薪ストーブ暮らし ブログランキングへ

★FC2ブログランキングにも登録しました★

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
もしかして~ 

室内エントツがはずれちゃったのかな・・・

2014/06/06(金) 20:14:22 | URL | とし #-[ 編集]
としさま:

推察ありがとうございます。

この後の記事で明らかとなりますので、お楽しみに!
2014/06/06(金) 20:36:22 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/691-af330cdf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック