春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
昨年に引き続きのリピート注文で、京都の薪ストーブユーザーから煙突掃除の依頼をいただいたので、京阪エンジニアリング(ネスターマーチン)の代理店会に合わせて訪問させてもらうことにした。ちょうど薪ストーブのシーズンオフなので、タイミング的にもちょうど良い感じ。昨年は真夏の依頼だったので、暑さ厳しかったけど、今年は気持ち良い気候の中、作業できた。

作業が終わってから、煙突トップを元に戻して、記念撮影。

resize3250.jpg

京都らしい景観の屋根が並ぶ。隣の家のの和瓦からも煙突が立ち上がっているのが見える。これだけ至近距離に煙突が立ち並んでいるのは珍しい。

隣の家の煙突だけど、フラッシングではなく、金属の箱で立ち上がっているのが珍しい。判りにくいけど、陣笠タイプのトップでシンプルなものだ。まともに屋根に上っての煙突掃除は大変だろうけど、このトップ形状だったら、ブラシで下から突く作戦もありかもしれないと思った。

★従来から登録中のブログ村ランキング★
ブログ村ランキング:オリジナルバナー
※前日のアクセス数、クリック数(率)のデータ公開は終了しました.....

★楽天人気ブログにも新規登録しました★

薪ストーブ暮らし ブログランキングへ

★FC2ブログランキングにも登録しました★

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
ありがとうございました。
このたびは、遠路はるばるお越しいただきありがとうございました。
屋根の上からの写真は新鮮です。
自宅の屋根からの写真は初めてなので、まるで自宅でないみたいです。
来年もよろしくお願いいたします。
2014/06/02(月) 09:24:42 | URL | MT #-[ 編集]
こちらこそ、ありがとうございます
MTさま:

こちらこそ、京都来訪に合わせたタイミングにしていただいて感謝です。

家族みんなでの作業は楽しいですよね。

おっしゃるとおりで、屋根の上からだと景色が普段とは違いますよね。京都ならではの光景で、楽しませていただきました。

こちらこそ、今後ともよろしくお願いします。
2014/06/02(月) 09:34:40 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/686-a9d1faf9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック