春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
現在、私が開発中の薪ストーブと似た構造の室内用のロケットストーブが大阪府堺市の川村製作所から販売されている。

これはぜひとも実物を見てみたいと思っていたので、今回の「関西薪ストーブの旅」では、足を伸ばして見学してきた。

resize3215.jpg
川村製作所に到着

resize3218.jpg
工場の奥に2台の在庫と1台のデモ機が並んでいたので、デモ機を引っ張り出してもらった

resize3216.jpg
製作中のボイラーの隣の明るい場所へ

resize3217.jpg
実際に説明してもらいながら、触らせてもらった

実際の燃え方は私も、ほぼ同じようなサイズ、構造で作ってるので、だいたい想像がつくので、あえて火を入れないで内部の細かな構造を見せてもらって、得るものが大きかった。

resize3219.jpg
空気調整を兼ねてネジの回転でシンプルかつ合理的に上下にスライドする扉が画期的(特許申請中)

ネットの動画や商品説明、取り扱い説明書などでは判らない部分まで、近くで見て確認できただけでなく、色々と試作を重ねてきた経験談を聞かせてもらって、とても勉強になった。熱意と情熱を持って新型の薪ストーブを開発している本人と直接顔を見ながら話ができて、得るものが大きかった。

★従来から登録中のブログ村ランキング★
ブログ村ランキング:オリジナルバナー
※前日のアクセス数、クリック数(率)のデータ公開は終了しました.....

★楽天人気ブログにも新規登録しました★

薪ストーブ暮らし ブログランキングへ

★FC2ブログランキングにも登録しました★

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
特許の申請部分について。
立ち入った話しで恐縮ですが、特許を申請している部分というのは、この部分だけでしょうか?
ロケットストーブとしての構造そして燃焼に関するものはどうでしょう?
2014/05/25(日) 14:34:05 | URL | 風の森 #-[ 編集]
特許
風の森さま:

ロケットストーブの構造そのものや燃焼の仕組みについては60年代のアメリカのヒッピー時代からの伝承なので、この部分は特許申請しても受け付けられないです。

特許については、あくまで細かなギミックの部分です。この扉の部分とか、明日以降紹介する二次燃焼の空気供給の仕方などです。
2014/05/25(日) 17:18:10 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/678-97589ce3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック