春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
個人輸入したドブレ750GMは、メトスが輸入している750GH(700SL)と外観は同じだけど、内部は若干仕様が違う。

日本仕様は薪専用に対して、石炭も焚たけるようになっているからだ。

細かな点については後日また記事にすることにして、今回は天板を取り外してのメンテナンスの様子のレポートだ。簡単に天板が取り外すことができて楽チンだった。

resize3201_201405132215341a5.jpg
煙突内の煤も二重断熱になっているので、かなり少ない

resize3199_20140513221531cb6.jpg
上からブラシで落として下で回収

全体として茶碗一杯分くらいで、まずまずの量。

resize3203.jpg
天板を取り外して、炉内もメンテ

ゆで落花生さんのご本人のブログの記事でもレポートされている

実際にシーズンを通して焚いた、煤の量や質、そして煙の出方などを総合的に判断して、石炭も焚けるドブレ750GM特有の使いこなしの対策を検討して、来シーズンに備えることにした。この写真でも判るけど、炉底が750GH(700SL)と比較して空気が入り過ぎる構造になっているので、この部分を9割ほどふさぐと、もっと良い燃え方になるだろう。

作業の後は近所の地元の人しか来ないお店に連れて行ってもらった。
静岡でB級グルメ

食事の後はお家に泊めてもらって、関西行き前の鋭気を養えた。
静岡で木のお風呂に癒された

★従来から登録中のブログ村ランキング★
ブログ村ランキング:オリジナルバナー
※前日のアクセス数、クリック数(率)のデータ公開は終了しました.....

★楽天人気ブログにも新規登録しました★

薪ストーブ暮らし ブログランキングへ

★FC2ブログランキングにも登録しました★

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/673-4423999d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック