春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
今シーズンから薪ストーブを使いはじめて、初めてシーズンオフを迎えての煙突掃除と薪ストーブ本体のメンテナンスのレクチャーの依頼。

来シーズンからは自分でやりたいということだったので、しっかりと時間をかけて、自分でやってもらいながらコツを伝授してきた。説明なしで私がサクサクやってしまえば半分くらいの時間で終わるし、説明しながらでも私がやった方が早く終わるけど、そうすると来年自分でやる時に苦労することになるので、なるべく手を出さないようにした。

resize3189.jpg
トップは地上に降ろして清掃

resize3188.jpg
天板を外して屋外で清掃

吹き抜けのシングル煙突で、シングル管がささっているだけのスライド部分が一番上というありえない施工だったので、煙突は取り外さずに炉内に煤を落としてから、天板を外して煤を回収する方法をとった。(一度外すと、再び挿すのに針の穴に糸を通すのがごとく苦労する。低予算重視だとメンテナンス性を無視した施工となる)

resize3187.jpg
大量の煤が炉内に落ちた

★従来から登録中のブログ村ランキング★
ブログ村ランキング:オリジナルバナー
※前日のアクセス数、クリック数(率)のデータ公開は終了しました.....

★楽天人気ブログにも新規登録しました★

薪ストーブ暮らし ブログランキングへ

★FC2ブログランキングにも登録しました★

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/670-696aa1f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック