春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
ホンマの煙突と薪ストーブをDIYで設置して、1シーズン使った後のメンテナンスの依頼が入ったので行ってきた。

正しい煙突掃除や本体のメンテナンス方法を身につけて来シーズンからは自分でやりたいというだけでなく、自己流で取りつけたので、設置に問題ないのか見て欲しいという希望もあった。どちらも当然のことで理解できる。安全対策上必要なことだと思う。

resize3169.jpg
煙突を壁面から抜いて、立ち上げるパターン

resize3168.jpg
ホンマ製の固定金具を駆使してガッチリ5点で固定されていて問題なかった

私のブログを熟読してから取り付けしたそうで、取り付け工事そのものは全く問題がなかった。きちんとメンテナンス性も考えた煙突配管で、たまに見かける煙突をバラさないと掃除できないケースとは大違いだった。

普段はメトスやトコナメエプコスのチムニーシステムを使って工事しているので、ホンマ製の煙突をマジマジと見たのは初めてで、私も色々と勉強になった。

resize3171.jpg
炉台、炉壁も空気層を確保していて問題ない状況だった

resize3172.jpg
貫通部分から離れたところまで二重断熱煙突の処理で熱対策も問題なし

resize3170.jpg
HONMAのロゴはダサいのでKevinに入れ替えたそうだ

resize3168_20140509195532454.jpg
二連梯子のかけ方のコツ、安全対策を教えてから、基本通り、屋根に上ってトップを外す

resize3169_201405091955342fa.jpg
ホンマ(中国製)の弱点のコネクター部分の切り欠き(水分、湿気が断熱材部分に浸透)が気になった

resize3170_20140509195535122.jpg
それなりに煤は付着していた

初年度で十分に乾燥した薪を準備できなったので煤の量は多目だったけれども、焚き方も含めて、来年度以降は問題ないだろうと思った。正しいメンテナンス方法も身につけて、しばらくは安心して使えるだろう。

「いずれは(ドブレの)ビンテージに入れ替えたい」ということだったった。煙突配管ルートも現在の壁出しから、屋根からのチムニー出しに変更することも視野に入れつつ、将来が楽しみだ。

★従来から登録中のブログ村ランキング★
ブログ村ランキング:オリジナルバナー
※前日のアクセス数、クリック数(率)のデータ公開は終了しました.....

★楽天人気ブログにも新規登録しました★

薪ストーブ暮らし ブログランキングへ

★FC2ブログランキングにも登録しました★

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/665-46857efb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック