春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
8月末を目処に太陽光発電所にするということで、倒された木の無償提供の話があった。整地工事が入る前に業者が全部撤去してしまうけど、それまでの間、ここ数ヶ月以内の間に好きな時に来れば、自分の好きなだけ持って行って良いということだ。

現場は周囲に住宅もなく、騒音問題を気にすることなく、チェーンソー作業でも薪割り作業でもやり放題だ。

既に切り倒されているし、平地で足場も良く、車を横付けできるし、初心者にも危険度が少ない安心して作業できる恵まれた場所だ。

杉やヒノキは薪として敬遠されやすいけど、火つきが良く、意外と使いやすい。火持ちが広葉樹より短いのと、高温になりやすいことを注意すれば、十分に薪として使える。ちなみに数年前のシーズンには乾燥した杉や松を中心に(8割以上針葉樹)を焚いたけど、広葉樹と比較してもそれほど煤が多いという印象はなかった。薪の量が足りなくて冷や冷やしている人は、樹種を気にするよりも、まずは量を集めることだと思う。

今回の現場は、薪の原木としてだけでなく、材木としても使えそうな真っ直ぐな素性の良い杉やヒノキがほとんどだ。ミニログハウスを作りたいとか、フェンス、小屋、薪棚などの工作材料にも使える。最近ではチップにして馬舎の敷物にするという需要も出てきていて、そういう問い合わせも時々いただいている。

ある程度の期間の猶予があって、無料で材料を好きなだけゲットできるチャンスはあまりないので、欲しい人は気軽に問い合わせて欲しい。

■現場住所 千葉県山武市
■樹種 杉、ヒノキがほとんど
■量    20トンくらい
■有効期間 2014年8月まで
■費用   無料
■問い合わせ frankrin_1st@ybb.ne.jp 

【山武市の原木情報希望】とタイトルつけてください。

折り返し現場の所在地情報をお送りします。アポは不要なのでご自分の都合の良い時に行って回収して下さい。


resize3154.jpg
道路脇の駐車スペースに車を横付けして回収可能

resize3157.jpg
一部、落葉広葉樹もあるけれども

resize3156.jpg
それは数えるほど

resize3155.jpg
大半は素性の良い真っ直ぐな杉とヒノキ

★従来から登録中のブログ村ランキング★
ブログ村ランキング:オリジナルバナー
※前日のアクセス数、クリック数(率)のデータ公開は終了しました.....

★楽天人気ブログにも新規登録しました★

薪ストーブ暮らし ブログランキングへ

★FC2ブログランキングにも登録しました★

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
嫌うと云うよりも
原木貧乏な自分にとっては、建築端材は元より杉には結構助けられています。

仰る様に、温度管理の手間等は有りますが、煤にしても煙突掃除を自分でするので、薪不足で淋しい思いをするよりは全く問題無いと実感してます。
2014/05/09(金) 08:45:13 | URL | いずみ #-[ 編集]
フォローありがとうございます
いずみさま:

杉に対するフォローをありがとうございます。

煤に関しても、十分に乾燥していれば、それほど極端には出なかったです。(乾燥不足の広葉樹を焚くより、全然少ないです)

おっしゃる通り、薪が足りなくなるかビクビクするくらいならば、杉でもヒノキでも(高温になり過ぎないように気をつけながら)ガンガン焚いた方が良いですよね。
2014/05/09(金) 09:35:58 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
あくまでも個人的な印象ですが、杉は軽いので体積あたりのエネルギーは少ないですが、脂も出ないし、乾くのも非常に早く、割りやすい。

捨てるのが勿体無いし、山に倒して放置しておくと下草刈りで難儀をするので全部つまみ出して薪にするようにしています。

薪が足らなくなった時に感想の甘いひのきを使ったら、一発で煙突トップにつけていた網がつまりました。

とにかく乾燥が重要ですよね。
2014/05/11(日) 08:27:17 | URL | shige02 #LkZag.iM[ 編集]
樹種より乾燥
single02さま:

樹種より乾燥が大事ですよね。

食わず嫌いの人が多いですが、そういう人にこそ、乾燥した杉を焚いて驚いて欲しいです。
2014/05/11(日) 09:42:26 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/663-d44dc25c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック