春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
静岡県、薪ストーブの旅で声をかけていただいた、第二段は、煙突掃除だった。

リフォームで玄関土間部分を増築、増床して薪ストーブを設置して、使いやすくレイアウトされていた。煙突も真っ直ぐストレートで立ち上がって理想的な状況だった。

resize2942.jpg
煙突内の煤を受けるビニール袋を取り付ける

resize2947.jpg
はしごをかけて屋根に上がってトップを回収する

resize2944.jpg
地上で煤を取り除く(驚きのスプーン一杯程度の極少)

resize2945.jpg
煙突内もかなり少なくティーカップ一杯にも満たない量

resize2943.jpg
清掃後、可動部分に耐熱グリスを塗る

resize2941.jpg
メンテナンス後に煙突ダンパー装着して、焚き上げ時の、さらなる効率アップをはかる

本体の排煙切り替えのダンパーを煙突側に切り替えて、触媒経由にしていない時に、煙突のドラフトが強過ぎて熱が抜けていくことを防止して積極的にコントロールできるようになるはずだ。

触媒と煙突ダンパーとの二重使いは、やりすぎると、排気抵抗が大きくなり抜けが悪くなって不完全燃焼になる可能性もあるので、炎の様子を見ながら適切に調整するようにアドバイスしてきた。既に、これだけ上手に焚いているならば、問題ないだろうと思う。(温度と炎の状態、煙の出方を見ながら調整すれば大丈夫)

resize2946.jpg
作業完了したところ

触媒機の場合は薪を投入したらまともに燃やす前にすぐにダンパーを閉めてしめてしまって、燻らせるような誤った使い方が多いせいだろうが、これまでに私に依頼のあった触媒機のメンテの際は、フレーク状だったり、綿状の煤が大量付着しているケースが多かったけど、今回初めて、理想的な燃焼状態を見た。触媒機でもきちんと燃やせば、ほとんど煤がつかないことを自分の目で確認できて、とても勉強になった。CB機同様にサラサラの煤がわずかについているだけのトップは久しぶりに見た。

燃焼温度は放射温度計できっちり管理しているそうだ。

ガラスが煤けているのは、購入した薪の乾燥具合がイマイチだったためと思われる。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

04月13日(昨日)のデータ
■クリック数  26(6.7%)
■アクセス数 390


スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/638-aee35179
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック