春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
我が家の庭の薪棚は、裏山の倒木の杉を切り出して作った丸太を組み合わせたものだ。

1000円薪置き小屋の完成

その前に梅の小さな木が植わっていて、春の訪れを告げてくれる。

resize2899.jpg

resize2900.jpg




resize2909.jpg
作成後8年経過しても、この通り(2014年4月3日現在

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

04月01日(昨日)のデータ
■クリック数  41(7.2%)
■アクセス数 567

《記事が面白いと思ったら上の画像クリックをお願いします。翌日の記事で本日分の情報を公開します》

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
春になり花が次々に咲いていますが、まだ朝晩ちゃんと焚いています。
ところで、丸太で作った薪棚を興味深く拝見しましたが、2006年に作って現在の状態はいかがでしょうか?
というのは、写真を拝見すると樹皮を剥がしていないようで、虫食いがあるのではないかと思うのですが。
私も昨年から杉の丸太を集めて樹皮を剥がしているのですが、これが手間で大変です。
2014/04/03(木) 08:22:40 | URL | 雁 #-[ 編集]
虫食いよりも基礎重視!
雁さま:

我が家も朝晩はまだ焚いています。

記事に本日、薪棚を被写体にして撮影した写真を追加しておきました。

ご覧のように全く問題ありません。どうせ薪棚なのですから、多少虫に食われていても気にしなければ良いと思いますよ。多少食われても、崩壊させるほど食うわけではないです。たぶん、10年くらいは全然問題なく使えると思います。

虫食いよりもむしろ、地中に埋める場合には、腐らないための対策、基礎の方を重点的に考えると良いと思います。(こちらの手を抜くと、10年持たずに崩壊すると思います)
2014/04/03(木) 09:19:21 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/626-25d06319
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック