春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
ドブレ640CB/760CBは一次燃焼の空気の導入経路が長くて細い。本体背面の左下の狭いスリットを通り抜けて、灰受け室の中を通って前面の下部から噴出すようになっている。

そのため、焚付けの直後は「もう少し空気を送りたい」という状況になる。

その時に手っ取り早くて確実なのは、灰受け室の扉をちょっと開いてやることだ。そうすると、一次燃焼噴出し口の真下から太いラインで空気が供給されるので、格段に燃え方が良くなる。

「立ち上がりが遅いな~」と感じたら、試してみて欲しい。

resize2858.jpg


なおこの裏技は、焚付け時の温度の低い時に限定の操作方法だ。薪全体に炎がしっかり回ったら、きちんと確実に灰受け室の扉は閉めておこう。閉め忘れると、異常燃焼して薪ストーブ本体にダメージを与えてしまう。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

03月24日(昨日)のデータ
■クリック数  37(6.8%)
■アクセス数 541

《記事が面白いと思ったら上の画像クリックをお願いします。翌日の記事で本日分の情報を公開します》

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/617-617f8b6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック