春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
だんだん本格的に寒くなってきて、薪ストーブを連続稼動させることが多くなってきた。そうなると、次の薪の投入のタイミングとかで悩んでいる人もいるかもしれない。

その時の炉内の熾き火の量によって、次に投入する薪の太さや量が変わってくるので、一概には言えないけど、一番のお勧めは、まだけっこう炉内に熾き火がたくさん残っていて前の薪が叩けば崩れる程度の状態で、太い薪をボコボコ複数置いてもすぐに炎が上がるような状態がベストだ。複数の薪を組んで置くのがポイントで、さらに炉内を薪で目一杯にくらい詰め込むのが良い。薪の投入の前後は必ず空気を全開にして、しっかり炎を上げて炉内の温度を上げることが重要だ。

しかし生活をしていると必ずしもその理想的な状態で、薪を投入できるとは限らない。他のことをやっていて薪ストーブから目を離しているうちに、かなり熾き火が少なくなってしまうこともある。夜中遅くに帰宅して、家族が寝静まって、熾き火も灰に埋もれて弱めになっているようなことがあった。そんな時は、二段構えの焚きつけとなる。まずは細めの薪を数本投入してしっかり炉内の温度を上げてから、次に太い薪を入れるという感じだ。このように、炉内の状況によって必要な薪のサイズが違ってくるので、同じ太さや長さの薪だけを作るのではなく、各種サイズ取り揃えておくと、無理や無駄のない合理的な燃焼が可能だ。

ガラスが煤けたり曇ったりしていないことにも注目して欲しい。良い薪を上手に焚けば、このようにガラスの煤けや曇りはほとんどないのだ。ガラスが煤けたり曇ったりしているのは、何か問題がある証拠だ。下の写真は連続して撮影したので、撮影の前後のガラスを清掃してない。(熾き火たっぷりの状態のガラスだから清掃のしようがない)

resize0699.jpg
熾き火が灰に埋もれている状態

resize0698.jpg
細めの薪を数本入れる

resize0703.jpg
しっかり燃やして炉内温度を上げてやる

resize0702.jpg
太めの薪を追加投入

resize0701.jpg
空気調整してオーロラ燃焼させる

resize0700.jpg
この状態で長時間燃焼が可能

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
こんばんは。
熾き火からの点火は、教えのお蔭で実践させて頂いてます。

只、色んな太さの薪の準備不足で、端材等で間に合わせています。
今年後半自分で割った分は大小意識して割ったので、此れも次年度には何とかなりそうです。

お蔭様です!
2012/12/12(水) 20:33:55 | URL | いずみ #-[ 編集]
人生色々、薪も色々
いずみさま:

やっぱり実際に自分で焚いてみないと、様々なサイズの薪があった方が良いというのも解らないですよね。

適材適所で使いこなしてやるのがポイントだと思います。
2012/12/12(水) 20:37:31 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/59-c1ae819e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック