春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
新築するに当たって「どうしても薪ストーブがやりたい」ということで昨年から相談を受けていた案件。最初に依頼していた工務店からは、屋根から煙突を抜くことを激しく抵抗されたために、その工務店を止めて、他の柔軟に対応してくれる工務店に切り替えたということだった。

resize2566.jpg
漆喰壁と無垢材を多用した素敵なお家になっていた

今回のコンサルで、快適に薪ストーブを使うためのポイントやノウハウを伝えてきた。それらを紹介しよう。

resize2569.jpg

急勾配の屋根のため、ハシゴをかけて屋根に上るのはほぼ不可能なので、煙突のすぐ近くに天窓を設定して、その真下をロフトにして足場を確保して、煙突掃除ができるようにした。家の新築時には仮設足場があるので、煙突設置工事をするだけだったら簡単だけど、足場が外れた後のことを考えると、煙突にアクセスしやすい設計は必須なのだ。

resize2570.jpg

当然フラッシングより雨仕舞いに有利なチムニー(煙突囲い)を採用した。これにより煙突掃除の際も平らなスペースを確保して道具を置いたりして作業しやすくメンテナンス製が格段に良くなる。

resize2568.jpg
「手すり 兼 命綱固定バー」この急勾配なので、これがあるのとないのでは大違い

さらにチムニーの周囲に命綱を固定するためのバーを設定して安全性にも配慮した。これにより安心して作業に取り組むことができる。

このように家の設計の段階から、快適かつ安全に薪ストーブを使い続けるためのノウハウを盛り込んでいるので、結果的に設置工事の際にも施主さん自らDIYができる状況となっているのだ。

resize2567.jpg
部材を開梱、確認して、これから作業開始

今回は「薪ストーブ設置工事」ではなく「薪ストーブ設置コンサル」の依頼だったので、施主さん自ら薪ストーブや煙突部材を通販で手配してもらって、設置工事の際にも私は極力手出しをしないで、アドバイスしたり、補助に回って基本的には施主さんにやってもらっている。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

02月9日(昨日)のデータ
■クリック数  36(7.1%)
■アクセス数 507

《記事が面白いと思ったら上の画像クリックをお願いします。翌日の記事で本日分の情報を公開します》

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
5枚目に写ってるのは、メトスの国産煙突ですか?
煙突について、なにか製作元の変更などはありませんか?
できれば、この煙突を使いたいと思っています。
2014/02/10(月) 14:25:19 | URL | うぉめ #5vkVwZDg[ 編集]
これは綺麗で精度の高そうなな煙突ですね。

たしか高木工業という精巧な煙突は国産メーカーが断トツで
メトスとヨツールの2社へほぼ同一(素材金属含有率が多少だけ違う)の製品を納入していましたが、今年度から事実上、ヨツール一社独占販売となったいるようです。

ここの掲示板のリンクを貼ってある薪ストーブクラブでこの高木工業製品などDIY用品が単独でも買えるみたいで有り難いですね。
2014/02/10(月) 15:09:38 | URL | CUTIEガール #yLjmSUGw[ 編集]
産地偽造に注意
うぉめさま:

この画像を見ただけで、メトスの国産煙突と判るとはさすがですねぇ。

現在、メトスから国産の高木製作所の煙突を出荷しているのは、メトスの特約店のうち、販売実績の大きい薪ストーブ専門店のみとなっています。

高木からトコナメにも出荷するようになったので、メトスの販売実績全部を仕入れられなくなっています。

ですから煙突を購入する際には「国産、高木製作所」のものときちんとブランド指定して下さい。

確認しないと中国製とか、イギリス製の二重煙突になる可能性が高いです。
2014/02/10(月) 16:07:43 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
高木工業製の国産煙突
CUTIEガールさま:

明らかに精度が違うので、他の煙突で施工するのと作業性が全然違います。この作業性の良さは寿命や性能などの品質に直結しています。

高木工業の煙突の取り扱いについて一部、誤解があるようです。メトスから高木製を仕入れられない販売が出てきているだけで、アース・リーもそうですけど、実績のある特約店では高木工業製のメトスチムニーを継続的に仕入れています。

今回の案件では、700SLの受注輸入で在庫がなかったので、上野商店から購入されたようですが、薪ストーブクラブでも、トコナメチムニー(高木製)は入手可能ですね。
2014/02/10(月) 16:13:56 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
国産の最高級煙突
我家の煙突はメトス製ですが良く褒められます。(薪ストーブはヨツール製)

当時はまだ国産最高製品はメトス製しかなかったしー。(ヨツール製の煙突はまだ当時は販売しちぇいなかった)

そういえば昨年、ダンパーを後付け設置をしましたが、今度はもうヨツール製とメトス製が選べまして、価格は少し高価でしたがヨツール製の方にはメトス製に入っていないモリブデン(SUの耐久性が向上する)が入っているとの事で高温に成り易いダンパー部分なので高温対策上から自己満足かもしれませんがヨツール製を選択しました。

同じ精度なので、くっ付ける際は両社が同じメーカー製品だと思い位に同じで驚きましたねー。
OEM先が一緒だから当然か!(笑)
2014/02/11(火) 00:11:51 | URL | うさぎ #yLjmSUGw[ 編集]
ヨツール製とメトス製の煙突比較
SUS316のインナー管を採用しているヨツールパイプの方は耐食性が向上していますが、これは石炭を燃やす場合に必要な機能で、薪を焚く場合にはオーバースペックです。(素材の単価の違いから同一寸法でしたら、ヨツール製の方が割高ですね)

SUS304のインナー管のメトスパイプの方も既に30年の実績があり、これまで何ら問題がないです。

耐温度製、切削加工性などはどちらも変わらないですが、SUS316を選択したくなるのも理解できます。
2014/02/11(火) 08:37:23 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/570-0f86863d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック