春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
先日紹介した鉄を叩いて作った手作りの薪ストーブ(暖炉?)のお家を再訪問して、火を入れさせてもらった。

上から着火方式は元々はキャンプファイヤーや焚き火の火起こしの時にボーイスカウト(ガールスカウト)で伝えられてきたやり方なので、このように失敗が許されないシビアな状況の時ほど有効なのだ。

お土産に焚付け薪からMEGA薪まで各サイズをフルセットで持参して、それを使って焚いていった。MEGA薪は後ほど登場させることにして、まずは普通の薪ストーブと同じくらいの量でスタートした。


resize2542.jpg
マッチ一本での点火用の木組み(紙も着火剤も一切使わない)

resize2541.jpg
カンナ屑は良く燃えるので難なく火が立ち上がる

resize2540.jpg
開放型の薪ストーブ(暖炉)なので失敗したら大変なことになる

resize2537.jpg
順調に下に燃え広がっていく

resize2536.jpg
最下段の薪に炎が回ってきたところで、さらに薪を追加

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

02月6日(昨日)のデータ
■クリック数  35 (5.5%)
■アクセス数 639

《記事が面白いと思ったら上の画像クリックをお願いします。翌日の記事で本日分の情報を公開します》

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/565-a0d7418e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック