春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
現在新築中の家に薪ストーブを導入したいということで相談を受けた。

最初の計画では二階の壁面から抜いて、短く上に立ち上げて軒先まで伸ばすという「ありえない」パターンの煙突配管ルートだった。このやり方だと、毎年の煙突掃除の際に足場を組んだり、吹き抜け上部まで足場を組んだりとメンテナンスが異様に大変なのと、折れ曲がってからのドラフト(上昇気流)が不十分で煙の抜けが良くないというダブルパンチで最悪の使い勝手となる。

resize2484.jpg
この図面のままの計画ではまずい

resize2485.jpg
現場に行って最善の煙突配管ルートを考えた

resize2486.jpg
煙突付近の、出っ張った部分の下屋根を止めて大屋根まで壁面をつなげることにした

resize2487.jpg
この中を煙突が真っ直ぐ大屋根まで突き抜けて、チムニーを立てるベストプランを採用

設計士さんと大工さんも交えての打ち合わせだったので、決断が早かった。まだ修正の効く段階で相談を受けたので、ラッキーだった。理想的な煙突プランで進行できそうで安心だ。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

01月29日(昨日)のデータ
■クリック数  38 (5.6%)
■アクセス数 673

《記事が面白いと思ったら上の画像クリックをお願いします。翌日の記事で本日分の情報を公開します》

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/557-edafe9e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック