春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
家ではソーラーパネル、チャージコントローラー、バッテリーとLED照明によって停電対策をしているけど、最近、新たにもう1セットをゲットしたので、今度は車載システムを組んでみた。

昨日の写真だと小さくて良く判らないけど、このようにルーフキャリーと兼用のソーラー架台になっている。

薪の配達や煙突掃除に酷使してきたダイハツの軽バンの屋根の上にソーラーパネルを載せている。二連梯子を載せる架台と兼用にしたので、いちいち、二連梯子を載せる際にソーラーパネルを取り外したりしなくても済むようにした。そのまま上に載せることができる。

resize2427.jpg

resize2424.jpg

車内の荷台の上にもラックを組んで、荷物の出し入れの際にも邪魔のならない位置に、チャージコントローラーとバッテリーを設置した。

resize2426.jpg

DC-ACコンバーターによりAC100VやUSB 5Vの電源をエンジンのオンオフに関わらず給電可能とした。これにより、ノートパソコンの充電も可能になった。

resize2425.jpg

これまでラジオもついていなかった車だけど、デッドスペースを活用して、ソーラーバッテリー駆動のオーディオシステムをつけた。エンジンオフの時にもオーディオ、ナビなどへも電源供給可能になった。

アクセサリー電源につないでいた時には赤信号待ちでのアイドリングストップの後にエンジンをかける時にスターターモーターによる電圧降下で、ナビの電源が落ちてしまったけど、このシステムだと完全に独立しているので、エンジンのオンオフとは関係なく電気を利用できる。停車中に長時間に渡ってオーディオや充電器などを使っていても、車のスターター用のメインのバッテリー上がりを気にすることなく安心できる。

あとは薪ストーブか、七輪の暖房器具をつければ、キャンピングカーに早代わりだ。

resize2423.jpg
薪の配達の際に、満載しても全く邪魔にならないシステムを組めた

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

01月19日(昨日)のデータ
■クリック数  41 (8.0%)
■アクセス数 512

《記事が面白いと思ったら上の画像クリックをお願いします。翌日の記事で本日分の情報を公開します》

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
ビス固定?
川原さん お世話さまです。
架台は室内側からビス等で固定(屋根貫通)してあるのでしょうか?

また水切のところのワイヤーは穴あけしてワイヤーをくくりつけてる感じですか?
2014/01/20(月) 18:48:39 | URL | お木楽男 #-[ 編集]
固定方法
お木楽男さま:

架台とソーラーパネルはビスで固定していますが、架台は荷締め器やロープで車体と固定です。

水切りのところは、お察しの通り、穴開けでワイヤーで固定しています。
2014/01/20(月) 19:35:07 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/545-59ead055
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック