春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
「突然、薪ストーブが燃えなくなってしまった。扉を開くと何とか燃えるけど、扉を閉じると消えてしまう」というSOSが入った。症状から煙突が煤で詰まってしまったことは明らかだ。

これまで数年間、一度も煙突掃除をしたことがないということだった。

薪ストーブ設置工事をした施工店にメールしても、全く返事がなかったそうだ。それで、他のところを探したら「現場に行かないと煙突掃除の料金は判らない」とか「遠方で料金がめちゃくちゃ高い」とかで依頼する気にならず、最終的に私のところに「一律3万円の明朗会計だったから」ということで依頼したということだった。

シーズン中に使えないのは困るので、依頼を受けて、動ける最も早い日に行ってきた。

resize2408.jpg
BEFORE

resize2410.jpg
AFTER

resize2409.jpg
タール状のヤバイ煤を大量回収

予想通り、折れ曲がりの部分で詰まっていた。

煙突掃除をしている時にお客さんから「東関東大震災の時にスライド煙突が落ちてきた」ということだった。煙突掃除のために室内側の煙突を外して、組み付ける時に煙突の垂直を確認したら3センチくらい薪ストーブの位置がずれていた。おそらく、地震の時に振り子状に動いたのだろう。お客さんと二人で薪ストーブの足を持って浮かして、正しい位置に修正しておいた。

話を聞くと設置後、施工店からの取り扱い説明も受けていないということだった。薪ストーブの使い方をよく解ってなかったようなので、焚付けから巡航運転に至るまで、実際にやってみせた。単なる煙突掃除の業者だったら、ユーザーが正しい使い方をしないで、早く煙突が煤で詰まってくれた方が、営業上は売り上げが増えて美味しいのだけど、正しい薪ストーブの使い方を普及させることも、私の仕事なので、しっかり時間をかけて説明してきた。

それにしても「取り扱い説明なし」「大地震の後のフォローもなし」「煙突掃除の依頼もスルー」っていう薪ストーブ施工店って何なんだろう?具体的にどこだか訊いたけど、お客さんも「どこだっけ?名前もわからない」ということだった。「こういう施工店もあるんだなぁ」と思った。

resize2413.jpg
上から着火方式で手間のかからない焚付け方法を教えてきた

resize2412.jpg
温度が上がるまで空気全開でガンガン焚く!

resize2411.jpg
温度が上がったら空気調整してドブレ アストロラインの本領発揮で吹きつけるオーロラが出現!

「オーロラのような炎を初めて見た」と喜ばれていた。これまで、ガラスが煤けまくって大変だったそうだ。毎回、ガラスを扉から取り外して磨いていたそうだ。ずっと綺麗で透明な状態を保っていることにも驚かれていた。



アース・リー山武店の開店直後からデモ機として使っていたのと同じドブレのアストロラインで、自分でも使い慣れている機種だったので、懐かしく思いながら使い方を伝授してきた。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

01月17日(昨日)のデータ
■クリック数  42 (6.9%)
■アクセス数 611

《記事が面白いと思ったら上の画像クリックをお願いします。翌日の記事で本日分の情報を公開します》

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
我が家の二次燃焼ファイア~が激しくて,長年???と思っていましたが,動画と同じ燃え方なので,少々安心しました.ただ,この裏からの二次エアー,手で塞いで空気量を調整すると,もっと綺麗な炎になるので,制御できれば,もっといいんですけどねぇ.
2014/01/20(月) 12:50:42 | URL | てんにょ #-[ 編集]
二次燃焼
てんにょさま:

アストロラインは激しい二次燃焼が特徴ですが、他を知らないと不安になりますよね。

ちなみに、裏の二次燃焼エアの導入口はマグネットを貼り付けて開口面積を調整できます。そうすると手で押さえなくてもプリセットでコントロールできるようになりますよ。
2014/01/20(月) 15:42:09 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
↑なるほど~!!試してみます.ありがとうございました.
2014/01/21(火) 12:48:20 | URL | てんにょ #-[ 編集]
てんにょさま:

結果報告、楽しみにしています。
2014/01/21(火) 14:50:06 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/543-43ccb164
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック