春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
年明けに仕事の一発目は、玉切り原木の配達だったけど、それと同時にドブレ700SLの定番のメンテ、灰受け扉のガスケット交換も行った。

「どうせ中央の一次空気取り入れ口を微妙に開いたりして空気調整するのだから、多少ガスケットから漏れても関係ない」と思ってしまいがちだけど、本来の設計で意図された場所以外から空気が漏れると、全然燃え方が違うのだ。実際に今回もオーナーの人に「交換後、今までと燃え方は変わりましたか?」と訊いたら、「炉の上部の炎のカーテンがこれまで出なかったけど、交換後は出るようになった。(二次燃焼の噴出し付近での燃え方が良くなった)」ということだった。同時にやると効果が見えなくなるので、今回はダンパー設置はしないでガスケットのみ交換してみた。

resize2345.jpg
この部分に「中山産業」のプレートが取り付けられている10年選手の700SL
ガスケットの上部が潰れている

resize2344.jpg
指でつまんではがしていく

resize2343.jpg
皮すきを使って、古いセメントを落とす

resize2342.jpg
錆び落としを使って接着面を綺麗にする

resize2341.jpg
刷毛で細かい粉を落として綺麗にする

※続きは後日の記事にて・・・

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

01月07日(昨日)のデータ
■クリック数  39 (6.4%)
■アクセス数 608

《記事が面白いと思ったら上の画像クリックをお願いします。翌日の記事で本日分の情報を公開します》

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/532-ba8f94af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック