春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
薪ストーブの炉内でケーキを焼く場合、一番怖いのは焦がしてしまうことだ。ケーキを焼く場合は何らかのイベントであることが多いので失敗は許されない。ピザのように同時に何枚か焼けばその中の数枚を焦がして失敗しても、成功作があればリカバリーも可能だけど、ケーキの生地の場合にはそういうわけにもいかないので慎重さが要求される。

生地の作り方はケーキのレシピ本にまかせるにして、今回は薪ストーブの炉内での焼き方にポイントを絞って解説しよう。

resize2280.jpg
熾き火の強烈な熱でケーキの底を焦がさないようにダッチオーブンから生地の入った容器を足付きのトリペットで浮かし、さらにその下は2センチ程度の水の層で保護(水が蒸発するまではダッチオーブンの底面は100℃)

resize2283_201312310800392c1.jpg
五徳の上にピアットをヒートシールド代わりに敷いて空気層を確保して熾き火からの熱を遮断、その上にダッチオーブンを乗せる。ダッチオーブンの蓋にはバイメタルの温度計を置いて温度管理している

resize2283.jpg
途中で様子を見て、素材に加わる熱量を調整する

resize2282.jpg
生地の中が生焼けなのも困るので中は竹串を刺して確認。バランス良く表面と中の焼け具合をコントロールするために仕上げの数分間は蓋を取って炉内に入れた

resize2281.jpg
完璧な焼け具合だった

別カットの写真はこちら「薪ストーブでチーズケーキを焼いた

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

12月30日(昨日)のデータ
■クリック数  31 (7.0%)
■アクセス数 442

《記事が面白いと思ったら上の画像クリックをお願いします。翌日の記事で本日分の情報を公開します》

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
アナログ
改めてツマミ一つで温度管理ができるオーブンのありがたみを感じますね。

ここまでの技術があれば、キャンプでケーキを焼くなんて事ができそうですね!
なんだかんだで、アナログを制するのはかっこいいです。
さすがです。

味も本格的なんでしょうね。
(^_^)
2014/01/02(木) 22:44:34 | URL | かなパパ #-[ 編集]
難しいからこその喜びが・・・
かなパパさま:

ハイテク装備のオーブンの簡単さに比べて、薪ストーブや、キャンプの焚き火での調理は、かなり経験が必要ですねぇ。

その分、上手く焼けた時の喜びは、デジタルのハイテク装備の調理器具で作った時とは比較になりません。もちろん味もです。
2014/01/02(木) 23:13:36 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/523-a7503cb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック