春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
薪ストーブの炉内でのピザは美味しい。チーズベース、カレーベースなど色々と試してみよう。

メインディッシュだけでなく、デザートピザもかなりイケる。

■アップルピザ■

resize2239.jpg

resize2244.jpg

1.事前にりんごを一口サイズに刻んで、鍋に入れて、砂糖水に浸して薪ストーブの天板で煮込んでおく
2.ピザ生地の上に乗せる
3.弱めの火力の熾き火の炉内でゆっくりと焼く

■マシュマロ&チョコピザ■

resize2240.jpg

resize2243.jpg

1.ピザ生地の上にチョコレートとマシュマロを乗せる
2.弱めの熾き火の炉内でゆっくりと焼く

チーズをグツグツ溶かして軽く焦がすには熾き火だけでなく炎も必要だけど、熱に弱い素材や、既に加熱して柔らかくなっていて水分を含んで熱容量の大きな食材の場合には弱めの熾き火の方が適している。パンを焼くくらいの熾き火がちょうど良い。

resize2238.jpg

炎を立てない弱めの熾き火の場合には、普通に焼くとピザの表面が良い感じで焼ける頃には、底が焦げてしまう。その状況で上手く焼くにはコツがある。焦げ防止のために五徳の上にスキレットを遮熱板として置いて空気層を確保した上に、ピアットに乗せたピザを焼く。そうすると二重の鉄板で熾き火の熱を遮断するために、ピザの底が焦げずに表面が良い感じで焼けてくれる。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

12月25日(昨日)のデータ
■クリック数  48 (8.4%)
■アクセス数 574

《記事が面白いと思ったら上の画像クリックをお願いします。翌日の記事で本日分の情報を公開します》

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
なるほど
スキレットですか!なるほど!勉強になりました!
2013/12/26(木) 09:54:43 | URL | 薪 焚太郎 #-[ 編集]
失敗から学ぶ
薪 焚太郎さま:

熾き火の熱はけっこう強烈ですので、空気層を設けた二重の鉄板で、食材の底面を保護しています。

何度か失敗した結果の産物です。特にパン系の食材は、この方法がお勧めです。
2013/12/26(木) 12:34:50 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
マシュマロ&チョコピザ美味しそうー
かわはらさん、こんばんは。
記事と関係ないコメントで恐縮なのですが、
触媒について常々疑問に思うことがありまして
記事にしてみました。
お暇な時にでも見てくださいませ。
2013/12/26(木) 18:30:34 | URL | チュー #27Yb112I[ 編集]
後ほど、拝見します
チューさま:

デザートピザの感想と、触媒に関するブログ記事の更新のお知らせありがとうございます。

後ほど拝見して、そちらの方にコメントさせていただきます。
2013/12/26(木) 19:17:19 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/518-6a1cdfb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック