春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
細かい焚きつけ用の細薪を用意すればマッチやライターだけで薪ストーブの点火もできる。そういう細薪を作るのに斧やナタを使ったり、割り箸を用意したりという手間はかかるけど、細い薪から火を点けると火の扱いが上手になる。そういう意味で、太い薪しかない場合でも、なるべく自分で割って細薪を作るのが本当はお勧めだ。

人間、手を抜き始めるとどこまででも抜くことができる。薪ストーブユーザーも自分で焚きつけ用の細薪を用意しなくても着火材とか、ガスバーナーとかを利用すれば強引に太い薪に点火することもできる。しかし、こういう道具や材料に頼った焚きつけ方法に慣れてしまうと繊細に木を組んで燃やすテクニックを習熟できないし、何より、それらがない時にマトモに点火できないことになる。煙を燻らせていつまで経っても火がつけられないのは、かなり恥ずかしいことだと思う。日常生活では容易に入手できる着火材やバーナーも災害時には入手できるとは限らない。

ガスバーナーでの強引な焚きつけ

それでも何とか火はつくけど・・・

薪ストーブの使い方には正解も決まりもないから、やり方は自由だけど、バーナーや着火材が入手できない時でも、道具や材料なしにサッと火をつけられる方が絶対にカッコ良い!

薪ストーブの点火で細い焚きつけ材からだけマッチ一本で点火できるようになると、災害時だけでなく、普段のキャンプとかBBQの時とかも役立つ。我が家でも、妻や子供でも薪ストーブの点火で慣れているので、他のお父さんや友達が火を点けられないで煙モクモク状態になっている中を、サッとつけられたという話を聞く。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
こちらはお初です。
シーズン2おめでとうございます。で、合ってますかね?

ヤフーに疑問を抱いてらしたようで、ブログも徐々に移行ですか?

中身の薄いブログに上位にいかれては、ポッチリする方も悔しいですね。

こちらもポッチリさせていただきます。
2012/10/22(月) 10:19:04 | URL | gerugugu #-[ 編集]
いらっしゃいませ、geruguguさま
見つけていただいて、ありがとうございます。シーズン2の方にようこそおいでいただきました。

ヤフーブログのレイアウト改変に納得いかず、11月1日から引越し予定です。とりあえずある程度慣れておかないと当日から更新できないので、現在こちらは練習中という感じです。

応援のクリックもありがとうございます。ランキングでは薪ストーブ関連の記事があまりないブログが上位になっていて、それも複雑な気分ですね。

分析すると、あちらは薪ストーブの用品のネット通販の店なので、この時期から賑わうのでアクセスが多くなること、そして触媒機ファンが多いので、仕方ないことなのかもしれません

これからも、こちらでも、よろしくお願いします。
2012/10/22(月) 13:17:50 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
引越しですか
今日気がつきましたが、引越準備ですね。まあ枠は変わっても引き続きかわはら節で行くのでしょう。期待しております。
2012/10/23(火) 08:17:17 | URL | kouda #-[ 編集]
その通りです
koudaさま:

はい。その通りで、現在新居の準備中です。

今度は少し趣向を変えて、ブログでは無難な内容、有料メルマガで突っ込んだ内容と二本立てにしようかと考えています。
2012/10/23(火) 08:31:26 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
そうそう、この記事を読んでやっぱりマッチだと。(笑)
で、拘りはマッチの図柄にまで及んでしました。(爆笑)
2012/10/29(月) 11:05:03 | URL | 薪 焚太郎 #mQop/nM.[ 編集]
マッチ一本
薪 焚太郎さま

マッチ一本で薪ストーブへの点火が確実にできるようになったら素晴らしいと思います。

使うマッチの図柄にもこだわって楽しみたいですね。
2012/10/29(月) 14:14:52 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/5-65c51ea4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック