春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
resize1871.jpg
ドブレ700SLは煙突を背面出しにすれば天板がとても広く使える。直径30センチの大きなSTAUBの鍋も含めて楽勝で4つ、鍋やヤカンが置けるのだ。

resize1878.png
フランスのシェフも使っているSTAUBの鍋

「ストウブ」でいつもの料理をもっとおいしく!「ストウブ」でいつもの料理をもっとおいしく!
(2010/10/16)
今泉 久美

商品詳細を見る


staub ココットラウンド 22cm チェリー 40509-825(1102206)staub ココットラウンド 22cm チェリー 40509-825(1102206)
()
staub (ストウブ)

商品詳細を見る


resize1907.png

resize1874.jpg
蓋の裏の突起から蒸気が液体に戻って食材に滴る設計

resize1877.png
野菜の透明度からも味わいは想像がつくだろう

resize1872.jpg
そしてガツンと焚けば天板の温度は楽勝で400℃オーバーの世界へ連れて行ってくれる。トリペットで浮かした鍋もボコボコ沸騰するし、フライパンを置けば餃子でも焼肉でも簡単に作れるパワーを持っている。

今日は、私がコンサルした千葉のドブレ700SLユーザー宅を訪問してきたが、秋田のドブレ700SLユーザー宅でも調理器具として有効活用している様子がレポートされている。

しあわせのとき「朝飯の様子」

きっと千葉や秋田だけでなく、全国で、まさに今、暖房器具としてだけでなく、同時に優れた調理器具として700SLが活用されていることだろう。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

11月8日(昨日)のデータ
■クリック数  71(13.7%)
■アクセス数 518

《記事が面白いと思ったら上の画像クリックをお願いします。翌日の記事で本日分の情報を公開します》

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
400℃↑で調理はしたことないw
煮炊きに大活躍してますね!
350℃位で炒め物とかラーメン作ったりしますけど423℃は未体験ゾーンです(汗)
ずっとこんなに高温にしておいて大丈夫なのでしょうか…。

さらに開眼できそうな予感w
2013/11/09(土) 21:06:27 | URL | pumpkin head #-[ 編集]
一時的に400℃程度なら問題ないです
pumpkin headさま:

エアーをずーっと全開にし続けていなければ大丈夫ですよ。きちんと絞ってダンパー調整して制御した炎でやれば400℃超えでも問題ありません。

ちなみに、もっと高温になって鋳物が赤くなっても大丈夫でした。

それに調理の際に炒め物、焼き物などでフルパワーが必要な時って、それほど長くはないですよね。
2013/11/09(土) 21:18:55 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
ちょうど今朝…
何気なくコロンと小さめの薪をぼこぼこ入れて焚いたら短時間で450度ぐらいになってびっくりしました。
バイメタルのは振り切れて、放射温度計で測りました。
放射温度計がなかったら「いま何度なの?びくびく!」ともっと怖くなったでしょう笑
で、かわはらさんのおっしゃるとおり、空気を絞って待ってたら下がってくれました。
もし「冷たい空気を入れよう」と思って扉でも開けようものなら…もっと温度上がっちゃいますよね?
2013/11/09(土) 22:11:45 | URL | とっち #akpbNWOI[ 編集]
炉内の状況に合わせた薪を・・・
とっちさま:

小さめの薪をボコボコ入れるのは焚きつけ時ですねぇ。ある程度温度が上がったら中割り以上が基本です。

そういう時のためにも放射温度計があると安心ですね。

扉を開けて急激に温度を冷ますのは、かえって鋳物の寿命を縮めます。

そうやって、空気を絞ったりダンパー調整で制御してやるのが正解です。
2013/11/09(土) 22:17:20 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
経験がものを言いますね、すごい!
やっぱり経験豊富なことって素晴らしいですよ!実際に赤くなるまで焚いたことがあるから、そして使い続けることができているからこそのアドバイスだと思います。

煮炊きじゃなくても、焚きつけの際に正面向かって右なで肩で250℃に焚きあげても、可燃ガスが発火できずに迷っている様子がしょっちゅうあります。炎がバタついている感じでストレスを見て取れます。いつかおっしゃっていましたけど250℃はmustなんですね。決してenoughではないってことを改めて分かった気がします。

ありがとうございました!
2013/11/09(土) 22:34:17 | URL | pumpkin head #-[ 編集]
must!
pumpkin headさま:

慣れてくると炎の状態を見て、だいたい判るようになります。

薪から立ち上がった可燃性ガスが自然に引火するくらいの炉内温度まで上げるのがポイントです。

炉内の温度は直接計測できないので、天板の最も低い位置で推測するわけですが、その時の薪の状態や燃え方で違いますから「最低でも250℃」ということで、それ以上でも炉内温度が低いと思ったら、もっと焚いた方が良いです。
2013/11/09(土) 23:02:55 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
ダンパー使いました
「空気を絞って」と書いちゃいましたが、語弊がありましたね。
本体のダイヤルとレバーだけでなく、煙突ダンパーも閉じました。
ダンパー付けといてよかったーと思いました^-^;
//
扉を開けると急激に温度がさがりますか。
「煙道火災など、あまりに燃えさかった場合、扉を開けちゃだめ」と見聞きしますが、扉を開ける方が早く納まるものでしょうか?はて。
2013/11/10(日) 21:05:58 | URL | とっち #akpbNWOI[ 編集]
とっちさま:

700SLに煙突ダンパーは必須です。つけておいて正解です。

扉を開いた時に温度が上がるか下がるかは炉内の状況次第です。いずれにしても急激は温度変化は良いことが何もありません。鋳物を痛めて寿命を短くするだけです。
2013/11/10(日) 21:15:43 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/459-8593ee30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック